FC2ブログ

きよめの九字体操

今日は雨らしい雨。宿河原。

どうもしょうしゅうです。

ここだけの話ですが、『きよめの九字体操』というのを考えています。

ただ単に『九字の御法』を右手で大きく描くだけです。

あまり表立って言わない、話さないのは、変な注意書き、例外だらけになって、本来覚えてほしい『九字の御法』以外の話の方に流れてしまうからです。

例えば、数珠を持った場合どうなるのか、左利きの場合はどうなのか、信徒と教師の違いとか。

現在、私が勝手に考えているだけで重箱の隅ツツキマンが自分以外にいないので(笑)、私のプロトタイプ『きよめの九字体操』を知りたい方は足をお運びください。

とりあえず今の段階での『きよめの九字体操』のメリットとして、

九字における最重要課題、回転方向を覚えられる。

という事は九字の御法を覚えられる(すごい)

また、何を描いているのかわかる(ざっくり表現)

という事は御法の深さを知ることができる。

使えば使うほど、小手先になりがちな九字の御法を反省できる(ry

デメリットとして、

遠くから見るとちょっとヤバイ人に見える。

色々付け加えすぎて重箱の隅ツツキマンになると、何をやってんのか意味がわからなくなる。

左手はどうしようと考えて、重箱の隅ツツキマンになってしまい夜眠れなくなる。

九字が切りたくてしょうがなくなる(用法用量をお確かめください)

九字の御法がしょうしゅうより上手になっちゃう(しょうしゅう目線)

です。

ぜひ、完成させたいものだと思います。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2018.09.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

教師研修会

今年のあつはなつかったね。

どうもしょうしゅうです。

本日は一日祈祷、神殿清掃の後、四ヶ月ぶり(健蔵教師調べ)に教師研修会がありました。

始まって、方向性が私の嫌いな「資料クレクレ状態」になってしまいそうだったので、自分が祈祷時に編集する資料を持ち込みました。

成り立ちから、その使用感、祈祷後の資料の推敲、今後の方針について、お話させて頂きました。

骨身を削って作っている資料なので、あまり人には見せたくなかったのですが、資料クレクレ状態よりはいいかな・・・

何となく、プレゼンっぽくなったし、それぞれの先生方の指針にはなったかな、と思います。

〓しょうしゅう〓

2018.09.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

かきこうしゅうかいのごんねんどー

こんにちは。

どうもしゅうしゅうです。

8月3日(金)〜5日(日)の二泊三日、夏期講習会で八ヶ岳新明山荘に行ってきました。

今年は特に少子高齢化の影響でか、参加できる子供が少なかったので、言念導のお取り次ぎはかなり変則的なものになりました。

でも、私としては、この変則的で、ある意味「大人の言念導」に移行して、新明国上教会の埋もれた歴史のようなものもお話できればと、信徒或いは教師(先達)の手書きの経典を持参しました。

何冊かあったのですが、「経文のみ」が手書きされた経典を持参しました。

「これは展示されたりした方がいいんじゃない?」

という意見がでてきたので、古い資料も確認されずに処分されていた時代があった、というお話をしました。

また、御法の種類によっては、使われなくなった御法もある、というお話もしました。

それから、教師が使用する九字の種類、九字の練習方法等も、今回は思い切ってお話しました。

質疑応答形式の言念導のような感じです。

ただ、このお話は私自身が様々な言念導と経典御法の中をつなぎ合わせたお話です。

そして、今年も恒例、お道具にさわってみようコーナーで、少しごま…

このコーナー。

自分では、なかなかいいコーナーじゃなかろうか、今後は大人に対しても応用できるんじゃないか、と思っています。

〓しょうしゅう〓

2018.08.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 言念導

五月の終わりに

お久しぶりです。

どうもしょうしゅうです。

五月の終わりに養父の体調が急変して、いろいろ引き継ぐ事になってしまい、まだ右往左往しております。

養母は養母で、耳の出来物の切除手術を受けました。

実母は尿管結石で手術を受けました。

病院という場所は、付添だけでもかなり疲れます。

それらもだいぶ落ち着いてきまして、最近では「月祈願」について考えさせられております。

先祖祈祷や初午祈祷などではなく「月祈願」

今後、私としては「御本尊様」をベースにして、組み上げていく予定です。

ちょっとドキドキしますが、楽しみでもあります。

〓しょうしゅう〓

2018.07.26 | | Comments(1) | Trackback(0) | ひとりごと

言念導のお取り次ぎ

今日は蒸し暑い宿河原です。

どうもしょうしゅうです。

今年になってからまだ、年間の言念導役割当番表がなかったので、とりあえず作ってみました。

「一応、つくった」ので、何ともいえませんが、現在5月まで、どのような基準で言念導のお取り次ぎが行われていたのか、信徒会の要望もさることながら、教主様からの選任ってのもありつつ、やはり、

「取り次ぐのが上手な教師」

が選ばれていました。

言念導のお取り次ぎというのは、それが身についていても、身についてなくても、心から理解しようとする姿勢が反映されるように思います。

「読まされている感」や「業務報告感」になってしまうのは、読み込んでいない場合、よく起こるので、「あぁ、やっちゃったな…」と思ってしまいます。

言念導のお取り次ぎに選ばれるというのは、「名誉」な事だと、私は考えているので、「誰が取り次ぐ?誰に取り次いで頂く?」と、教師会内や信徒会内で悩まれている時には、率先して手を上げます。

「あの先生の言念導のお取り次ぎなら、間違いないね」

と信徒から言われるのは、「最高の名誉」だと思います。

実際、そのように言われているのかいないのか、わかりませんが、今年はだいぶ言念導のお取り次ぎが多いので、評判がいいのだと、良い方に考えています。

そして、言念導のお取り次ぎが少ない方は、自分の言念導のお取り次ぎの評判が悪いのだと反省して、もう少し考えた方がいいのではないかと思います。

当然、内容もですが、実は言念導をお取り次ぐ前後の環境づくりが大切なのですがね。

〓しょうしゅう〓

2018.05.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる