FC2ブログ

舞台組終了!

20080131131202


舞台組は無事けが人もなく終了しました。

節分祭当日まで、雨が降るといけないので、正面の垂幕のようなものははずしました。

そういえば舞台組の休憩中、信徒会代表の中村さんに、

「ブログの上の方の宣伝バーは何とかならないの?」

と言われてしまいました。

どうやら、間違ってクリックしてしまう時があるようなのです。

う~それを言われると弱い。

とりあえず、

「今度から気をつけてくださいね。」

くらいしか言えませんでした。

この問題は今度、時間があったらじく~り考えるとして、今から岡谷支部節分祭の言念導(いわゆる説法の新明国上教会用語)を考えようと思います。

スポンサーサイト

2008.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

高所恐怖症

20080131100637
だめだ。

あがれない。

2008.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

舞台組

今日は節分の舞台組です。

年に一回、節分の時に本堂の前に舞台を組みます。

組むのは午前中いっぱいかかります。

私は高い所が苦手なので、なるべく材料運びに精を出します。

2008.01.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

G.P.S.位置情報

この間、

「新明国上教会のホームページにG.P.S.位置情報が記載されている意味がわからない。」

というご指摘を受けました。

実際、これは、かなり以前に作られてあった新明国上教会のホームページに記載されていたので、私もとりあえず転載しただけです。

でも、改めて何故G.P.S.情報があるのか聞いてみましたら、

「これを作った当時(十年位前)は、カーナビはCD-ROMで現在のようなDVDやHDDのように情報量も少なくて、新明国上教会の場所がなかなか表示されなくてね。それでG.P.S.情報を入れておいた方が場所を正確に検索できるから記載させておいたのだよ。」

との事。

実際、カーナビを持っている人自体少なかったわけですが、新明国上教会では意外に少数意見を取り入れたりする場合があるのです。今でも。

そんなわけでG.P.S.位置情報が未だに記載されているわけです。

ま、無用の長物かもしれませんが、新明国上教会のホームページの歴史が古い証ですので、とりあえず残しておこうと思います。

2008.01.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

写真編集

現在では写真編集するのにも写真編集ソフトである程度ですが編集します。

それでもそれ以前にやらなければならない作業が写真を選考する作業です。

和やかな雰囲気の写真をなるべく選んでいきます。

それと、不特定多数の人が写っている写真が好ましかったりします。

カメラ目線になってしまった場合は、まず選考基準から外れます。

いや、たまたまカメラ目線になってしまった場合と意識してカメラ目線にしている場合がありますから、判断に苦しみます。

まぁ、大抵の場合、明らかなカメラ目線はわかりますけどね。

2008.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

長引く風邪・・・

最近、風邪をひくと中途半端に長引きます。

朝の状態が一番ひどいので二日ほど朝の勤行をお休みさせて頂きました。

調子が悪いといえば、以前にも書きましたけれども携帯の調子が異常に悪い。

購入当初からいきなり電源が落ちたりしていたのですがね。

もうそろそろ潮時かもしれません。

この間も友人から、

「レトロな携帯使ってるんだね」

とか普通に言われてしまいました。

いや、別にレトロ感が好きで使っているわけではないのですが・・・・

いろいろな意味で潮時かもしれません。

2008.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

私の携帯

携帯に心に残った事柄や心に残った言葉を入力しておく事があります。

今日はその中から…

目標検討委員会
第1回4月27日
東京湾・川崎・横浜・名古屋・大阪・京都・広島・呉・八幡・小倉・下関・山口・熊本・福岡・長崎・佐世保
目標検討委員会
第2回5月10日11日
京都・広島・横浜・小倉
歴史的都市
京都除外
7月下旬
小倉・長崎追加
8月2日
攻撃日
8月6日
攻撃目標
広島市中心部と工業地帯
予備第2目標小倉
予備第3目標長崎

原爆投下目標地に当初、川崎が含まれていたのには驚きました。

2008.01.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

喉の痛み

山荘に行ってからどうも喉の調子がおかしいです。

暖炉は温かくて、何ともいえない雰囲気がでてとてもよいのですが、山荘の二階がものすごく乾燥します。

本来なら濡れタオルをどこかにおいたり、加湿するのですが忘れてました。

それで喉の調子がおかしいのかもしれません。

そのような状態で昨日は行きつけの居酒屋のジャズライブに行ってきました。

サックス奏者の人とも和気藹々という感じでお話させて頂きました。

それにしても昨日の話題はアーティキレーションの作り方の話になった時にはどうしようかとも思いましたが、何とかやり過ごせました。

何せ一応、私は音大出身ですからね。

リアル・のだめ・・・といえば才能に満ち溢れてそうですが・・・私は違います。

アーティキレーションの作り方やフレーズの作り方等、結構、微妙なニュアンスを先生から教えられたり、伝えられたり、自分で会得しようと努力していたのだなぁと今更ながら感慨深いものがあります。

2008.01.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

風邪

風邪ひきかけですが、行きつけの居酒屋のジャズライブに来てしまいました。

2008.01.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

因みに…

20080125215346
今日の私のベストつまみです。

チンザノ・オランチョ+烏龍茶

焼きのり

最高です。

2008.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

八ケ岳

20080125163508
今日は八ケ岳信徒研修施設等のお清めです。

一月の今頃の時期に部屋にある御札を交換します。

外は見ての通り雪景色。

外気温マイナス8℃。

でも山荘の中は暖かいですよ。

2008.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

読書

異常な濫読家です。

基本的には司馬遼太郎氏の著作が好きです。

今は「街道をゆく」を少しずつ読んでいます。

歴史が好きなのかもしれません。

一番はじめに読んだ歴史関係の本は、

ヘロドトスの「歴史」

今でも大好きな本の一つです。

因みに今、読んでいるのは、

カエサルの「ガリア戦記」

実は何度読んでも、部族の名前がこんがらがってしまいます。

2008.01.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

最近、殊に冷え込んできたなぁと思っていたら、今日は雪が降りました。

昨日、御殿場から参拝に来られた信徒の方が、

「御殿場も寒いですが、川崎も同じくらい寒いですね」

といっていたのを思い出します。

そうなのです。

川崎は何故か、かなり寒いのです。

私は神奈川県の秦野市出身なのですが、秦野周辺は意外に暖かく、川崎に帰ってくると寒さが身に染みます。

雪景色の寒さは、

「寒いだろ!」

とはっきら一言でいわれているようで、あきらめがつくような気がするのですが、雪がないのに寒いというのは、何というか耳元で、

「寒い?ねぇ?寒い?」

と何度も何度も言われているようで余計に寒く感じます。

私だけでしょうかね?

2008.01.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

写真

昨年の水祭と元旦祭の写真が届いておりました。

明日からは「新明 第11回信徒大会 新明信徒会発足記念号」の写真を編集したいと思います。

写真編集は前回の「ひみず」同様、意外に難しいのです。

前回の新明の場合も挿絵と写真のバランスで相当悩んだのを覚えています。

2008.01.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

壁紙

新明国上教会のホームページをご覧になった方はご存知かもしれませんが、壁紙を紅白にしました。

意外にいいな~

と自分にしては珍しく自画自賛していたのですが、改めてみてみると言念導のページで強調させておいた『教祖おや様』のお言葉の部分が同色になってしまって、読みにくくなってしまいました。

修正するつもりなのですが、現在のトップページの壁紙としてとてもマッチしているので、検討中です。

因みに毎月の言念導を更新しているのも、毎日メールを確認しているのも私ですので、ご要望や感想等がありましたら是非、「お問い合わせ」からメールをいただけるとありがたいです。

私のできる限り、皆様方のご要望にお答え致します。

2008.01.22 | | Comments(1) | Trackback(0) | 未分類

反省とは

「失敗は成功の母」

「失敗と反省を繰り返す事で人間は大きくなる」

などとは言うけれど、忘れてはならない事がある。

それは何かと言うと、それを自分で他人に対して口にしてはならないという事だ。

口に出した瞬間、その意義を失う。

口に出した瞬間、反省する材料を提供してくれた他人を威嚇する事になる。

反省する者ならば、何事も甘んじて受ける態度が必要だ。

2008.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

次世代

次世代を担うとはどういうことなのでしょうか。

昨日は考えさせられる貴重な時間をすごす事ができました。

次世代を担うとは、そのまた次世代に同じ思いをつなぐという事で、若いとか年をとっているとか、年齢は関係ないのです。

いくつになっても、引退せずに、思いを伝えていく事が重要なのです。

もちろん、その過程で紆余曲折があるかもしれません。

けれども、それは当然の事。

それでもめげずに自分の思いを伝えていくという事ができるように精進したいものです。

2008.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

新年会

今日はこれから合同新年会を行うにあたっての神殿祈願がおこなわれます。

新明会館のキャパシティーもあるので人数は限られてしまうのが残念です。

その後は次世代を担う若い世代で場所を移して、改めて新年会を行う予定です。

もしかしたら酔っ払って画像までアップするかもしれません・・・

2008.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

朝から大失態!

朝からお膳を引っ繰り返すという大失態をしてしまいました。

お膳をおさげして、台に置こうとしたらちょうど先輩教師(昨日の神殿当番の方)が立つ瞬間と合ってしまい、先輩教師の肩のあたりで引っ繰り返してしまいました。

なんてこった!

私は玉木宏みたいにイケメンではありませんが昨日、観ていた「鹿男あをによし」の玉木宏みたいな事に…

法衣のクリーニング代が高くつきそうです。

2008.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

慇懃無礼

慇懃無礼という言葉がある。

恥ずかしながら自分も含めて、現代の若い人達には、ただ言葉だけ丁寧にしようとしたり、頭を深く下げればいいというような、いわば、心にもなく上っ面だけ繕っているような傾向がある。

自分はといえば、人の事を言えた義理ではないが、慇懃無礼になるくらいならば(あくまで客観的に)、心からの言葉で誰に対しても話そう、あいさつをしようと心がけている。

意味もわからずにただ「丁寧なようにきこえたり、みえたり」するだけの、うわついた言動や所作よりも、むしろ心ある不器用なあいさつをしたい。

それに、うわついた言動や所作が感じられるような人は大抵、影で何を言っているかわかったものではない。

だから私は自分に対する戒めとして、

「おはようございます」や「おはよう」

という朝のあいさつを大切にする。

なぜならば、朝の気分は人それぞれだけれど、朝、起きた瞬間から否応なく他人と接触しなければならないからだ。

最も、私にとっては一人でいるとしても、覚醒している限り、他人と接触しているのと同じ気持でいたい、そのような自分でいたいと、いつも反省の日々だ。

いつ誰がどんな気持ちで話しかけてきても、心あるあいさつがしたい。

そんな大きな事を言っていても朝、

「うぃ~す」

とか、

「おぃ~す」

とか言っている自分がいる、そんな自分に気づく時も、気づかない時もあるけれど、そんな自分に気づいた時は一日中へこむ。

2008.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

精進料理

お坊さんだって人間だから当然、腹が減る。

因みに昔の禅僧は一日一食、夕食なし。

こりゃつらい。

特に冬は当然寒いから、つらい。

寒いと一段と体力が消耗して腹が減る。

でも一日一食、夕食なし。

そんな時に温めた石を懐に入れ、

『この石は飢えや寒さを凌ぐ薬だぁ』

と、飢えや寒さを凌いでいたそうだ。

今では温めた石で空腹と寒さを凌ぐとか考えられないが、禅僧はその温めた石を薬石と呼んだ。

現在の禅寺で夕食の事を薬石という語源だ。

勘のいい方ならお気付きかもしれないが、これが懐石料理の語源でもある。

つまり、

【『懐』(ふところ)に入れる『石』】

というわけだ。

それと似たようなイメージで実はおそらくまったく違うであろうものに精進料理というものがある。

精進とは雑念を払い、行いを謹んで物事に没頭し、誠心誠意励むことをいう。

つまり今日、夕食のテーブルにのったステーキに対して誠心誠意『感謝』して食せば、それは精進料理ということもできるはずなのだ。

何も禁欲的に、宗教者は肉食っちゃいけないなんて事はない。

どのような宗教に関しても禁止事項が多いように思われがちだが、実は違う。

限りなく人間を包み込み、闇の中から光明へと人を導いてくれるものが宗旨宗派にかかわらず、宗教なのだ。

ただ単に禁止事項を課したり、難しい単語を並べたりして、人の眼を閉じさせてしまえば闇の中にいても光の中にいても同じ事になってしまう。

禁止事項が多いのは、何事に関しても『プライベート』という心地よい響きを持つ言葉に酔い痴れて、気付かないうちに排他的で関係性の薄い現代社会に生きなければならなくなった我々なのだ。

2008.01.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

十五日会

今日は十五日、新明国上教会では「十五日会」という信徒研修会が行われます。

現在、日本では太陽暦を使用しているので、その意味はよくわからなくなっていますが、太陰暦の第十五日は、すなわち満月の日にあたります。

現在でも南方アジアの仏教諸国の民衆の間で最もひろく行われている行事がこの第十五日に行われるウポーサタという行事です。

仏教諸国と書きましたが、起源は仏教よりも古かったりします。

いずれにしても、主要な行動を起こすために準備をする事をウポーサタと言っていったようです。

確かに現代の十五日は満月でもなく、ただ単に「一月の半分を過ぎた日」くらいの数字に対するイメージしか考えられないかもしれませんね。

2008.01.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

魔が入る

昨日、合掌についてお話しました。

「合掌時、各指の隙間をあけない事」

というような事を教え込まれたと書いたのですが、これの補足説明として、

「間が入る=魔が入る」

という心があるそうです。

一見、単なる語呂合わせだと思ってしまいますが、宗旨宗派に関わらず、宗教の世界には意外に語呂合わせというものが星の数ほど多く存在します。

2008.01.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

合掌

もう一つ、初心を忘れてはならない事に「合掌」があります。

宗旨宗派によって、作法の違いが様々あるかもしれません。

私が教え込まれたのは、

「合掌時、各指の隙間をあけない事」

意外に合掌は難しいのです。

仏像には衆生の願いをききもらさないために指に水かきがついていると聞きますが、実際そうなのでしょうけれど人間の場合、肉体改造しなければ指に水かきはありません。

確かに指の隙間をあけないとは言っても、限りなく0に近いだけで隙間はあいています。

けれども、常に意識する事が求められ、それが何より一番重要なのですね。

2008.01.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

姿勢

言い古された言葉ですが、こればかりは初心を忘れない事でしか保つ事ができないものの一つです。

納得のいく姿勢、そこから生み出される礼拝はすばらしい。

私もいつか納得のいく礼拝ができるようにがんばりたいです。

2008.01.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

歯科矯正。

私は一昨年秋ごろから歯科矯正をしております。

先輩教師でもある大叔父に、

「経典を間違ったり、舌足らずのまま覚えてしまうといけない」

といわれたのが、歯科矯正をするきっかけです。

確かに現在、少しずつですが歯並びがよくなってきて、今まで結構苦労していたような発音も楽に出せるようになってきたように感じる時があります。

歯並びって大切なのですね。

以前より声自体も比較的高くなったような気がします。

明るい歯切れのよいあいさつは気持ちいいですからね。

2008.01.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

増上寺

用事があったのでついでにお参りしに行きました。

大きいお寺はたくさんありますが、あたしがまず観たいのは僧侶の所作です。

何と言っても礼に始まり礼におわるような世界ですから、礼拝の時の所作は意外に観察ポイントです。

ま、観察ポイントとは言っても観るのは一点だけ。

腰からの一礼。

これ。

さすがにヒップホップみたいに首から突っ込むような事になる礼拝はいただけない。

腰の上に上半身が乗るようにして姿勢を正した上で、腰を扇の要のように使って礼拝すると美しい。

立っていても座っていても同じ意識で…。

…と、自分自身が勝手に心掛けている事です。

でも、素人でも腰からの一礼を心掛けると意外に美しくみえます。

2008.01.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

携帯から

更新できるのか実験中です。

最近、携帯の電池が切れやすいです。

しかも、以前から急に電源が落ちたりします。

そろそろ携帯を替えようと…

それにしても現在使用中の携帯がN901iCなのですが、色的に妹から、

「ゴキブリ携帯」

と言われ続けて早、3年あまり…

もう実際、潮時ですよね。

昨日の更新実験は失敗でした。

宛先を登録し間違えておりました。

2008.01.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

節分祭

20080108091006

節分祭の看板を表門に出しました。

写真後にはまだ初詣ののぼりがありますが、初詣から節分祭ののぼりにかえました。

2008.01.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

門松

20080108090505


先日の門松撤去の模様です。

撤去はあっという間です。

2008.01.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる