FC2ブログ

年中無休

「年中無休」

と言ってしまうほど、恥ずかしい事はないように感じると、以前書いたように思います。

日光東照宮の逆さ柱(だっけ?)ではありませんが、完成されたものは、すでに崩壊に向っているものです。

ですから、年中無休と言ってしまうと、たとえば経典の言葉を間違えても気づかなくなったりしてしまいそうです。

また、礼拝の作法を指先まで感覚が研ぎ澄まされた所作の美しさで神仏に対する礼を尽くそうとする信念が、ただ毎日繰り返されるけだるい習慣のようになってしまいそうです。

いや、そう「けだるい習慣」とは思っていなくても、その所作を見れば一目瞭然で、御法の前では嘘はつけないものなのです。

年中無休と言ってしまうと、私にとって一番大切な「何か」を失ってしまいそうな気がするのです。

まぁ、からだの調子が悪い時には、そんなごちゃごちゃ考えないで素直にお休みします。

スポンサーサイト

2009.10.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

あれを書こう、これを書こう・・・

と考えつつも、日々右から左へ流れてしまっているこの頃です。

そんなわけで、ついつい更新がおそくなったりしてしまいます。

そういえば、もう新明国上教会で開催される子ども縁日まで、一ヶ月を切りました。

今回、準備するにあたってもかなり大変な事になりそうですが、何とか前回の反省点などを検討しつつ、次回につなげられるような縁日にしていきたいと思っています。

けれども、私にとって一番のネックは「電話が苦手な事」。

仲がよくても、年下でも、誰に対しても「敬語」的な口調、自分にとって丁寧だと思われる口調になってしまいます。

いや、それはそれでいいのですが、その前段階の「電話が苦手」ってのが致命傷。

「電話連絡しなくちゃ・・・」と思えば思うほどがちがちになってしまいます。

これをたまたま読む信者さんもおられるかもしれません。

もし、私から電話があったとして・・・

なんだか支離滅裂な感じで、要点だけ言って、早く切り上げようとする時もあるかもしれませんが・・・

本当は私・・・

話好きな人間(自称)なんです。

おおめにみてやってください|ω・)デス

2009.10.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

自分の立場

現在の新明国上教会用語では、私の立場は「教師」と呼ばれます。

けれども、私の中でのイメージは「先達」という言葉の方が合っているように思います。

今後、そのようなスキルを習得できるのかもわかりません。

けれども、時間が許す限り、何か「先達」らしいスキルを身につける事ができるだろうかと考えてしまいます。

当番表や役割分担表を見て「つとめさせていただいている」「させていただいている」という気持ちも大切ですが、ではそこから+αの何かを自分なりに「吸収したい」「吸収してやろう」と思うのです。

うまく言えませんが・・・

まぁ、ただ単に「教師」という言葉より「先達」という言葉の響きの方が好きだってだけなのかもしれません。

2009.10.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

更新するに当たって

「」や()を以前までは全角から半角に変換して作り直していました。

モバイル用に作ったページだけです。

モバイル用なので、できるだけページ自体を軽くしようと考えての事です。

少しの手間なのですが、それゆえに煩わしく、更新自体が遅れてしまって、今月に至っては二ヶ月も遅れて更新。

そんなわけで「今回は」全角から半角には変換しませんでした。

それにしても、新明国上教会公式H.P.自体はあまり更新できず、今月の言念導だけちまちまと更新しているだけで、非常に申し訳ありません。

2009.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

今月の言念導

7月から更新しておりませんでしたが、本日「8月の言念導」と「9月の言念導」を更新しました。

今月(10月)の言念導は資料をお借りするのを忘れてしまいました。

そんなわけで、とりあえず8月と9月にお取り次ぎされた言念導をアップしました。

8月の言念導は夏期講習会と本部支部交流会で私がお取り次ぎした言念導です。

自分で言うのもなんですが、結構気に入っている言念導の一つです。

また、本来ならば9月の言念導は9月12日に行われた参籠研修会の時の言念導を使おうと考えていたのですが、御法や作法など所作に関する言念導だったので文章だとわかりづらくなってしまうので、一日祈祷でお取り次ぎした言念導をアップしました。

2009.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

本堂・神殿・神前・境内・・・

本堂・神殿・神前・境内・・・

と建物や場所(?)についての用語がたくさんあります。

でも本堂と神殿の違いは何?と考えたり、神前と境内の違いは何?

と考えさせられます。

実際、昔からの言い回しでどれもこれもごっちゃになっているのが現状です。

昔からの言い回しがそのまま文章になってしまっている場合もあります。

「統一しよう」

とは言葉だけではなくて、様々な部分に関していわれています。

しかし、だからといって目指す方向性は同じ。

重箱の隅をつつくような批判などは論外です。

要は自分でどのように理解しているかというのが重要で、尚且つ、いつでも自分の理解を改正できる勇気が必要です。

とりあえず、私の中の理解は、

建物そのものは「本堂」

中に入って奥の院や牛馬様、教祖御霊前は「神殿」

この「神殿」の境界線は限りなく曖昧かもしれません。

本堂の正面の部分は「神前」

「境内」はその他の部分。

だから、境内>神前>本堂>神殿の順番で範囲が狭くなってくる・・・のかな?

こんな感じで理解しています。


因みに難しい問題が神殿の中にはあります。

古い言い回しでいえば「祖師堂」、現在では「教祖御霊前」となるべく言うようにしている(おそらく私だけかも)部分です。

もともと本堂とは別に「祖師堂」という建物があって、その中に「教祖御霊前」があったものが、現在の建物(本堂)になって、奥の院の近くに祀られるようになって、境界線が曖昧になってしまったのだと思うのです。

こればかりは、私の記憶が定かではないので、もう少し理解を深めたいと考えている最中です。

用語のばらつきはなかなか頭を悩ませます。

2009.10.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

日曜参拝会

昨日は神殿当番。

それに第一日曜日という事もあって、日曜参拝会が行われました。

あまりこの参拝会は浸透していません。

教会行事に重なったりした場合は中止になる確率が高い参拝会だからだろうと思います。

それでも、言念導のお取り次ぎは行われます。

でも、それを知らずに参拝される方がほとんどでしたが、日曜参拝会に配布された資料を配ったりしてみたのは意外にいい方向に向いそうなので、今度から何らかの資料(今回は日曜参拝会の資料でしたが、十五日会の資料や一日祈祷の時に配布する資料など)を・・・

私が神殿当番をしている時だけこっそりと・・・・

配布してみようかと思います。

2009.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

ゲーム好き

はい、私です。

これならば誰にも負けない的な得意ゲームはありませんが、基本的にゲームが好きです。

そんな私ですので一度火がつくと相当やり込みます。

下手は下手なりに・・・ですがね。

そんなある日。

友人からPSPのモンスタハンター2Gを散々勧められまして・・・

その気になってPSPを購入してしまいました。

それからというもの、それまで眠っていた私のゲーム好きに再び火がついてしまいました。

とはいうものの最近では下火になっていますがね。

2009.10.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

年を重ねるになると…

ボケはじめるのか、最近めっきり忘れっぽいです。

かといってボーッとしていればしているで、様々な記憶がよみがえってきます。

私の場合、それはほとんど忘れたい記憶なのかもしれません。

しかし、それは忘れたい記憶を忘れたくない記憶にするための作業だと思っています。

忘れたくない記憶にするとは、そこから何らかの訓戒を得ようとしているのだろう、と考えさせられます。

でもやっぱり人間ですから辛くなる事もあります。

しかも、それが断片的な走馬灯のように上下左右に回転しているように感じます。

それは実際に楽しいのですが、現実から逃げているともいうのかもしれませんね。

だから少しずつ記憶が、時に美化され、時に失われていくのでしょう。

2009.10.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる