FC2ブログ

無関心かぁ・・・

雨が降ったり止んだり厄介な天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

私は先日、澁谷まで今回の夏期講習で使用するソーセージ製作用の道具を買ってきました。

夏期講習ではとりあえずいろいろな企画を持っていく予定です。

昨年は天気に恵まれず、何とか登山できたような感じでしたが、今年は少々年齢層が低くなったので「登山」というより「ハイキング」に近いものになると思います。

まだ、完全に参加者を把握していないので、明日から最終連絡を確認しようと考えています。



それにしても皆さん、夏期講習には興味がないようで、今日も、

「夏期講習っていつだっけ?」

というような質問をされてしまいました。

信徒会や外部の方ならば、何となくわからないでもないのですが、内部の人間に言われてしまうと、ちょっと寂しくなります。

ま、信徒会行事に関して無関心な感じは今に始まった事ではなく、私もそのような状態に陥ってしまうかもしれないのですが、やはり寂しくなります。

スポンサーサイト

2010.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

基本的に年中無休

基本的に年中無休です。

でも以前から「基本的に年中無休」は自慢にならない!

むしろキチンと自分を管理できていないあらわれである!

と豪語しておりますが、これ基本的に融通が利かないもので、とりあえず事務所にいます。

事務所に来て頂ければ、何らかの仕事を奥でしておりますので、お気軽にお尋ねください。

さて、最近では参拝者の方も少なくなってまいりました。

ここ数年で特に減少傾向が、ちょうど教主継承式あたりから顕著です。

教主継承式は新明国上教会の名称です。

俗に「教主就任式」と呼ばれる場合もありますが、こちらは間違い。

まぁ、それは私個人の見解なので、あまり気にしなくてもいいです。

さてさて、最近では参拝者が少なくなってきたとは言っても、新明国上教会の場合、

「参拝者=信者」

という図式ができあがります。

これは逆にいい事なのかな?

「参拝者=観光客」

でもいいんですかね?

2010.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

シルバー派遣

昨日、ロビーコンサートに行ってきました。

久しぶりの生演奏はいいものです。どうも昭衆です。

タイトルにした「シルバー派遣」

よく大手企業のサラリーマンを定年退職されて教師になられた方が言われる鉄板の冗談です。

私もよくその方に、

「どこの派遣会社の方?」

と冗談を言われてしまいます。私も負けじと、

「あ、新明国上教会という派遣会社の・・・いやいや実はブラック企業で云々・・・」

なんて冗談で返したりします。

でも、よくよく考えてみると、定年退職されてから教師になられた方の割合が多いので、実はかなり洒落になってないんじゃないか?とも感じてしまいます。

それに今は就職難の時代。

正社員云々、派遣は云々と様々な情報を聞くにつれ、あまりこの手の冗談は自分から言わないように、特に世の中に疎い自分は、特に言ってはいけないのではないかと考えさせられます。

2010.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

メールの送受信

最近まで新明国上教会にメールを送っても受信できないという状態が続いていたのですが、先日復旧致しました!

なかなか本格的に調べるという事を私がしていなかったので、久しぶりにいじってみたら、

「ん?おや?あれ?これは自分が(ry」

という部分があったので、原因はおそらく私だと思われます。

試験前になると掃除したくなる心理と同じで、夏期講習の準備を進めなければならないときにメーラーを復旧させたりしている昭衆なのでした(←今日のワンコ風に)

2010.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

電話が苦手です

夏期講習が近づくと眠れない日々が続いてしまう昭衆です。

以前のように教師は同行という形の方がいいとは思うのですが、何故か今は私が準備してます。

電話が苦手なのが一番の難点で、最終確認の電話をいつしようか頭を悩ませます。

以前、電話になると話し方が乱暴になる人とか、あとで電話の仕方にダメ出しをし始める人などにかち合った時にとても嫌な思いをしたので、それのイメージが残ってしまっているのだと思います。

でも、業務連絡程度の内容ではどうも自分の性に合わないというのもあるのです。

元来口下手なくせに・・・

それらが引っ張り合った中間点あたりのイメージを大切にしようといつも思うのです。

これもまた『阿合の心』に通じるものがあるかもしれませんね。

2010.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

カラスの世話

今日は雨が降る予報らしいのですが、そのような感じの空ではありません。

雨が降らないのならカラスゲージの掃除に行こうと思います。どうも昭衆です。

会長様のお住まいにカラスがいます。

鉄塔から落下したカラスだったり、親カラスが死んでしまったりしたものを保護したらしいのですが、詳しい事はよくわかりません。

いずれにしろ雛(ひな)の時期からしいくされていたようです。

私が新明国上教会にお世話になるずっと前からいるので、ある意味私よりも先輩です。

人の言葉を真似たりもしますよ。

私はそのカラスゲージの掃除を任されています。

自ら飼ってもいない動物の世話をするのは何だか変な感じがしますが、たまにこっそり餌をあげたりしてます。

と・・・

ここまで書いて、ゲージの掃除に行ってきました。

でも、雲行きが悪くなってきたので、一度水浴びさせるのが精一杯・・・

本来ならば、1時間くらいたったらもう一度水浴び×3くらいやるのですがね。

からすの行水とはよくいいますが、むしろカラスは水浴びが好きなのだそうですよ。

2010.07.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

夏休み

どうも、毎日が日曜日。

昭衆です。

いや、嘘です。

何はともあれほぼ、事務所におります。

「曜日感覚」自体がなくなっているので、「毎日が日曜日」ってのもある意味では正しいのかもしれませんがね。

いや、曜日感覚といえば「資源ごみ」の月曜日と火曜日木曜日土曜日の「普通ごみ」の日は何となくわかります。

でも勘違いしてごみを出そうとして、「おやおやっ」と途中で思い出す時もあります。

そのような毎日です。

それにしても、どのような状態が休みなのかは千差万別です。

「ちょこっと顔を出せばすごい、二時間もいればとんでもない」

と認識されている方々もおられるのでしょうかね?

でも、そのような人を羨ましく思うかといえば、そうではなくて、何か情けない。

2010.07.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ひとりごと

『上顎は天の心、下顎は地の心、その阿合の心から口を利くのであるから、人に好かれる口を利くのである』

『自分に理屈があれば、怒っても腹を立ってもよいが、その後には必ず福の口を利くものである』

『そして、謝る心がなくてはならぬ』

『幾日か過ぎて腹が立ったら怒ってもよいが、また、謝れよ』

『そうしたことなら、皆があの人は、実によくできた人だ、ものの道理をよくわきまえた人だと言われて、いろいろと頼まれて徳が立つようになる』

私の好きな言念導の一つです。

私は母似で・・・

といったら怒られそうですが、基本的に口が悪い方で、調子に乗ってとんでもない事を口走る時があります。

いや、口走りそうになる時が多々あると言った方が正しいです。

心の中で、

「あ~何てこと考えているんだろう私は・・・」

と考えたり、思ったりしているのですが、表面的にはわからないかもしれませんね。

自分でも何となくしか理解していない部分なので、他人が理解できるわけないのですが、たまに、

「おまえの思っている事はだいたいわかっている」

と大層な事をいう輩が大勢いるものです。

実際、私もそのような事を言われたら

「そうなんだ・・・私ってわかりやすいのかな・・・」

と考えさせられます。

が!

大抵、大層な事をいう人以上のよからぬ事を考えていたりします。

だから、かえって「こんなとんでもないこと考えているのがわかられたらたまらないな・・・」と思ったりします。

だから、

『そして、謝る心がなくてはならぬ』

という部分がとても重要だと感じます。

簡単に謝ってしまうというのも、なかなか謝らないというのも、他人のせいにするというのも、知らないふりをするといのも、いろいろと選択肢はあるのです。

でもやはり、何をして、どのような結果を招いたとしても、

『謝る心がなくてはならぬ』

という言葉が胸に突き刺さります。

それはまた、すべての物事に『感謝の心』を。

無意識の中で『感謝の心』を感じ続ける事につながっていくのだと思っています。

2010.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

夏期講習会

何だかここ何週間かなるべくなら「夏期講習会」という言葉を思い出したくない日々が続いております。

なにせ、人が集まらない。

私は自分の弟や妹にも声をかけるのが精一杯で、あとはアトラクションの準備などをちょこちょこやってます。

来週には「持ち物」「予定表」などを参加者に郵送する予定です。


はぁ~

うまくいくのかなぁ・・・

私が提案して実験を繰り返した「使用済みろうそくによる再生ろうそく作り」を実行できる時間はあるかなぁ・・・

今回は年齢層が低いので昨年のような登山ではなくて、ハイキング程度に予定を変更しようかしら・・・

などなど、まだ問題が山済みですが、何とか「来週の水曜日までには!」郵送物を送れるように頑張ります。


2010.07.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

夏期講習会・・・

どうも昭衆です。

今年も8月6日(金)~8日(日)まで、新明山荘にて夏期講習会が行われます。

以前にも連絡致しましたね。

でも、なかなか参加者が集まらない状態です。

一応、行う内容は「ソーセージ作り」「登山(森林散策)」「使用済みろうそくにより再生ろうそく作り」などなど・・・

結構、盛りだくさんですので、是非お誘い合わせの上、参加して頂けるとありがたいです。

2010.07.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

これから・・・

新明会館にある教主様や会長様の私物を教主様の家に運び込みます。

新明会館には他にもどこかから頂いてきたソファーや絵画などなど、私物がたくさんあります。

ソファーは特別にしつらえたいい物らしいのですが・・・

誰かの家のために「しつらえたいい物」ですので、他の場所に置いてしまうとどうしても浮いてしまいます。

どうせだったらHARD OFFなどリサイクルできるお店は今ではたくさんあるので、そういうお店に引き取ってもらえばいいのですが、やはりそこは「いい物である」という先入観からその場所に合わないとはいえ、選択肢が「保存する」しかなくなってしまっているのでしょう。

昨日、HARD OFFなどに行って来たので尚更、そう感じてしまいます。

ま、それは人それぞれの価値観の違いですが、もし私が同じ立場でもそうしてしまうと思います。

そういえば、引っ越してきてから数年になりますが、家の生活用品が多くなってきたような・・・

あったら便利はなくても平気とはよくいったもので、そんな感じです。



そういえば!



私の自宅の冷蔵庫が壊れそうなのです!

冷蔵庫の鼓動「ぶ~ん」ってやつが止まっておりました。

昨日、買出しから帰ってきて、ビールでも飲んで寝ちゃおうとしたら、ビールが異様に冷えてなk・・・

あ!!!!!!!!!!!

その時は何とか動き出したのですが、夜中にトイレに起きると、また、「ぶ~ん」が止まっておりました。

それから夜中に動き出すまでだましだまし、冷蔵庫をいじっておりました。

さてさて、今日は何を教主様の家に運び込むのでしょうかね。

実はちょっと楽しみでもあります。

新明会館の開かずの間が開きます・・・

なんちゃって~

2010.07.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

ひとりごと

twitterでもいいのですが、ちょと長くなりそうなのでここに。

さきほど、高齢の教師の方が、

「今月(7月)の十五日会の言念導の当番なのだけれども、どうしてもはずせない予定ができてしまったので代わりにお取り次ぎして頂けないか・・・」

というお話をしておられました。

初めはある教師の方に話していたのですが、どうもその教師の方は渋々・・・

というか先月お取り次ぎしたからやりたくない・・・

という雰囲気。

そんな中、私は、15日が神殿当番の役目なので、手が出せない状態でしたが、初めに話をしていた教師の方が、

「それじゃ昭衆さんにお取り次ぎしてもらえばいいじゃない?」

という。

あちゃ~話を振られてしまいました。

別に私は構わないですけれど、一年中言念導のお取り次ぎがあるわけではないのだから、少しくらい協力してあげればいいのに・・・

と思いつつも。

「私ですか?神殿当番ですけれど、○○先生(代わりを渋った教師の方)にその時だけ神殿当番のお留守番をして頂ければ何とか・・・」

と言ってしまいました。

十五日会は新明会館の4階で行われます。

新明会館の4階はエアコンがきいてます。

あ~何て罪深い。

言念導のお取り次ぎを渋った教師の方に神殿当番(神殿は高い場所にあるけれど、蒸し暑い)の留守番をして頂いて、私はエアコンのきいた新明会館で言念導のお取り次ぎを・・・

ほんの二時間ちょとですが、私は基本的に十五日会の後は直会だと解釈しているので、すなわち信徒の皆様と食事をするのも神事の一つと解釈しているので、食事を一緒にします。終わりまで。

それから、片付けも手伝います。

これは以前から教主様に託けられていますので。

そんなわけで、おそらく十五日会の留守番は二時間強になると思われますが、私昭衆が7月の十五日会の言念導のお取り次ぎをさせて頂く事になりましたので、よろしくお願いいたします。


そうそうtwitterのハンドルネームは、

「ph0t0synthesis」

ですのでよかったらどうぞ。

あ、因みに「photosynthesis」とは「光合成」という意味なのですが、「photosynthesis」のハンドルネームが取れなかったので、私のは「O(オー)」が「0(ゼロ)」になってますので、お気をつけ下さい。

2010.07.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

ざる鐘

昨日は資源ごみで今日は普通ゴミの日だから・・・

今日は火曜日です!

どうも、昭衆です。

今日、修理に出していた鐘が戻ってきました。

鐘は修理する職人が少ないようで2ヵ月ちょっとかかりましたが、綺麗に磨かれていて、音も上々です。

ただ、一つ引っ掛かるのは、

「道具は丁寧に扱いましょう」

というような言付けをいちいちされた事です。

人間ですから、乱暴に扱う人もいるでしょう、丁寧すぎて周りをイライラさせる人もいるでしょう、私のようにお道具を楽器(特性の判断、扱い方含めて)として考えている人もいるでしょう。

まぁ、学生時代に勉強したクラリネットは調整に出した方が明らかにいいのに出せずにいますがね。

はい、自分の事は棚に上げます。よっこらしょ。

今の職業は新明国上教会教師ですから、その職業について使いこなさなければならない道具。

鐘、太鼓、持鈴、引磬、錫杖、数珠、法螺貝(声螺)、でっかい引磬などなど、比較的パーカッション的要素が多いお道具郡ですが、楽器の扱い方に関しては物申したい。

丁寧に扱うのは当然ですが、その度合いは千差万別。

何も、バカ丁寧に扱うだけが能じゃない。

やはり、何年かに一回は調整に出した方が楽器にとっては絶対にいい。

でも、おそらく聞き入れてはくれないんだろうな。

今回、ざる鐘が転がって、音が大きく変化してしまったのは、おそらく一回の落下で歪んだわけではないと考えられます。

何年も調整にだしておらず、その上、比較的大きく転がってしまったので一気に歪んでしまったのではないかと思うのです。

長年の歪みの蓄積が一気にでてしまったのです。

こうなっては誰が落としても同じ事。

ただ、今回は比較的お道具の扱いが雑な人が落としてしまったので、殊更に目立ってしまっただけです。

あ・・・

殊更に目立たせたの私だった・・・

でも、私が指摘しなければ、気持ち悪い音程のざる鐘の音を参拝者に聞かせ続ける事になっていたのかもしれません。

人によっては、かなり不快に思う音だったと思います。

あまり耳に自信がない私でも気持ち悪く感じたのですからね。

でも、とりあえず音が調整できたのでよかったよかった。

2010.07.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

正座合掌の御法

正座合掌の御法はすべての基本。

でも、書いてはいけない事まで書いてしまって、すべて消去。

今日はその繰返しに始終しておりました。

御法の説明は非常に難しい。

けれども、夏期講習会で難しくても何とか言念導としてお取り次ぎできる状態までもっていかなくては!

2010.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

夏期講習について

昨日は日曜日で、日曜参拝会があったから・・・

今日は月曜日ですね!

どうも、こんにちは、もう十数年曜日感覚を忘れてしまっている昭衆です。

夏期講習会まで、あと一ヶ月余り。

私はというと、参加者のお声かけもさることながら、本業の「夏期講習会の言念導」をまず編集しております。

今回の夏期講習会では、無理かもしれないと薄々わかっているのですが、

「御法と作法」

を言念導にしたいと思います。

「子供だから、もっと基本的な事を教えたらいいのではないか?」

という意見もありますが、難しかろうが何だろうが、「新明国上教会の真骨頂」は、その世界に一つの経典御法にあるのではないかと感じたからです。

今回は「朝の四方拝」から始まり、神殿での「天地の礼拝の御法」をお取り次ぎしようと思います。

これは、新明国上教会の夏期講習会にこなければ学ぶ事のできないものです。

いわば一般的な夏期講習会との「差別化」になるようにしたいのです。

というのも、

「子供を預けるのなら、どこに預けようと変わらないよ。むしろもっと高いお金を払ってでも、信頼できる夏期講習会がこの世の中にはたくさんあるしね・・・」

というような話を小耳にはさんでしまったからですが・・・

というわけで!!!!

それでも自分は何をしたって小難しくなってしまう質なので、何とかやんわりとした「新明国上教会の夏期講習会に来なければ学べない新明国上教会の夏期講習会【経典御法の勉強】」になれるように頑張ります。

だって、考えてみれば、私達が小さい頃にはそれが普通だったのですからね。

意外に、

二ヶ領用水を歩いて船島神社まで行って掃除。

朝の勤行

夏期講習会の感想文

などなど・・・

当時は、「面倒くせ~」とか「何でこんな事やるんだろう?」とかものすごく嫌だった事の方が印象に残っていて、むしろ今考えると、「面倒くせ~」とか「何でこんな事やるんだろう?」とか思っていながら、その時に叩き込まれた事が相当役に立っているように感じます。

とか、まとまりの無い文章を書いてしまいましたが、夏期講習会でお取り次ぎされる言念導のクオリティーは一般の参拝会以上のものにできればいいと考えています。

2010.07.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

日曜参拝会

あ、今日は日曜日だったんですね。

と気づく。

どうも、こんにちは。昭衆です。

今日は日曜参拝会でした。

私はおにぎりが大好きなので、お昼ご飯がおにぎりと汁物と御新香などがつく日曜参拝会が好きだったりします。

安上がりなのですな。

でも、さんざんおにぎりを食べるので、低燃費とか揶揄される事がありましたが、気にしない、木にしない。

それにしても最近の天気はわかりませんね。

まぁ今日はどう考えてもカンカン照りで、お昼のロビーの涼しさにゆったりできました。

でも、実は誰が言ったのか、どういう理由で言ったのかわかりませんが、

「外で食べよう」

と言ってしまった人がいるようで、日曜参拝会の直会直前まで「外?ロビー?外?ロビー?」とわらわらしてました。

いや、どう考えてもこの陽気で外で食べようという、我慢大会ならいざしらず・・・

まぁ、右往左往しつつも、私はロビーで食す気まんまんでしたがね。

そうこうしている内に結局、ロビーで食す事に!

気まぐれで言ったのか、どうなのか、知りませんが、春とか秋とか、陽気を考えて行ったらいいのではないかと思われました。

それと、低いテーブルならいいですけど、急に話がきたので、とりあえず高いテーブルを出しておいたのですが、その時点で気づくべきでしょうね。

カンカン照りに、外で立ち食いはないよ。

2010.07.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

7月

もう7月ですね。

年齢を重ねると一年が短く感じるとはいいますが、まさにそんな感じがします。

今月は新明会津支部月参り会の前日に新明会津支部である佐藤家の法要があります。

それまでに神殿当番を交代して頂けるように手配しなければ!

もちろん7月19日(月)海の日に執り行われる火祭大祈祷も忘れてはなりません。

それにしても、他の教師の方々の協力を頂きながら事を進めたいのですが、皆さんそれなりに忙しいようで、

「~はどうなってるの?」

とか色々な面で既にタイムリミットを過ぎてから・・・よく言われます。

あ~気づいていたならもっと早く言ってくれればいいのに~

と感じてしまいますが、なかなか・・・

自分も忘れっぽいのがいけないのだろうけれど、おそらくこれから二ヶ月くらい、反省の毎日が続くような気がします(笑)

頑張りますよ~

2010.07.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

一日祈祷後の・・・

教師研修会の時間帯に予定を入れてしまう教師が多すぎて困ります。

とこんなところで書いてもどうしようもないのですが、どうも教師高齢化の影響がここでも出ているようです。

それどころか以前も書いた「言いだしっぺが戦線離脱」状態です!


私が!!!!


「経典の勉強会を行いましょう、それでは日時は月一回ずつ!そうですね~教師研修会で行うにしても、中止になったら教師会後、どちらかで必ず行うようにしましょうよ!」

まぁそのような事を計画していたのですが・・・・

先月の一日祈祷後←私は神殿当番。

先月の教師会←私は神殿当番。

今月の一日祈祷後←私は神殿当番。


まさに「言いだしっぺが戦線離脱」状態・・・


あ~


それで本日、とりあえず議事録だけ作ろうと思って作っていたら・・・

出席者がやたら少ない・・・

うわ~

で・・・

おそらく来月は、

「8月は一日祈祷後ですし、暑いので休みにしましょう。」

とか平気で言ってるんだろうな・・・

冷房使えばいいじゃん!


とも愚痴りたくもなるのですが、考えてみれば先ほども書きましたが教師も高齢化が進んでいます。

やはり一日祈祷後ですし、体力が持たないのかもしれませんね。

それに教師研修会に出席したいのに連続で出席不可能な役目を頂いているもので、私自身少々イライラしてしまいました。

2010.07.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる