FC2ブログ

久しぶりの休日

とりためた年末年始に撮りためた番組を整理中。

昭衆です。

少しずつ見てはいたのですが、さすがにたまりすぎてます。

でも、これは見なくていいかなぁってのも結構あります。

とりあえず倍速でみたりもするのですが、どこか不自然。

今更ですが、結構年末年始って歴史ものが多いようですね。

自分の好きな歴史解釈であればいいのですが、たまに「それはないだろ~」というのもありますがね。

とりあえず、食わず嫌いしないで見てみました。

もうさすがに「THE年末年始!」のような番組はほとんど見終わりまして、最後にウィーンフィルのニューイヤーコンサート。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2011.01.30 | | Comments(2) | Trackback(0) | 未分類

衝動買い????

明日は病欠以外での久しぶりの休み!

どうも昭衆です。

今日の帰りがけ、

「この前、○○○でよさそうな中古パソコンあったよ」

というお話を事務長にお聞きして、さっそくそのお店に見に行きました。

現在、私が使用しているパソコンに不満があるわけではありません。

確かに現行のパソコンに比べたらかなり見劣りするのかもしれませんが、十分使えますし、何しろ堅牢なデザインが気に入っています。

あ、因みに私がメインで使用しているパソコンはIBMのThink PadのX32です。

メモリも増設済み。

ただ、キーボードに亀裂が入ってしまっているので、物理的に不安があるのと、あとHDDが・・・

というのが大きな問題でした。

そんな事を考えながら、小一時間くらいお店の中をふらふらしておりました。

はい。

その結果です。

購入しました!

そんなわけで今はセカンドマシンをカスタマイズしています。

〓しょうしゅう〓

2011.01.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

ホームページ更新

モンスターハンター大好き!

どうも似非ゲーマーな昭衆です。

先般からお伝えしておりましたホームページ更新の件。

やっと完了いたしました。

というか、昨年の5月から今年の1月までの言念導をアップしただけです。

申し訳ありません。

が、しかし、ぎょうさんあります。

それのついでに告白します。

モバイル用と称してつくっておりましたページの存在を見てみぬふりをしております。

というよりも、モバイル用だからなるべく容量を軽く軽くというような気持ちでつくっていたので、たとえば、

PC用の「」全角。

モバイル用の「」は半角。

というような作業を、これまでちまちましておりますた。

いやこれ面倒なのです。

でも、ここに書いてしまったので、やります。

編集します。

因みにどうやら2009年から手をつけていないご様子・・・

自分のバカバカ!

と嘆きつつ・・・編集します。

お楽しみに!

〓しょうしゅう〓

2011.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

人間やればできるもんだな・・・

いい加減がいい加減。

昭衆です。

先ほど報告いたしました昨年の4月を最後に更新していなかった「今月の言念導」を編集しています。

とはいうものの、結構な量ですので今日は結構ざっくりと編集中です。

でも、実はもうあとはアップするだけなのです。

一つずつ編集していると、粗を探してしまって、放送禁止用語を何とか差しさわりのない用語に変えようとするじゃないですか?

それで結局、流れてしまう月もあったのですが、今回はそれらの事は関係なく、ずばずばと編集終了にしています。

それと以前はモバイル用というページも製作していたのですが、それを今後どうするか考え中です。

とりあえず、フラッシュはつかってないので、どのような端末でも(多少ずれてしまう部分があるかもしれませんが)読む事ができます。


そして今回の更新作業は、

私がなんと!

五年連続で元旦祭初祈祷後の言念導お取り次ぎをさせていただいた分の言念導をアップして終了です。

それにしてもそろそろホームページのデザインかえなきゃな・・・

〓しょうしゅう〓

2011.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

ホームページについて

どうも最近、頭を撫でると痛いので、体調が元に戻ってないのではないかと不安で頭が刈れない昭衆です。

昨年の五月あたりから、ホームページを更新しておりません。

これはおそらく、私事で非常に申し訳なく思います。

とは言っても、どれだけ読んでくださる方がおられるのかわかりませんがね。

〓しょうしゅう〓

2011.01.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

節分祭【その2】

最近、自宅を地デジにしました。

昭衆です。

しかも、HDDを購入したものですから、観たい番組だけ、観たい時間に観られるとあって、時間の感覚が麻痺気味です。

例えば、お昼休みに自宅で食事する時は、お昼休みはうきうきウォッチング、だったのです。

それが今では、前日に録画したり、以前に録画したりして、見ていない番組を観ています。

便利な世の中になったものです。

でも効率を考えすぎて、効率が悪くなってしまわないように、利用できるものはします。


で・・・今日のタイトルは「節分祭【その2】」にしたのですが、どうも書いていたら、実際もっともな話だけれども(自分で言うのも変ですが)、書いちゃいけないよう感じの記事になってしまったような気がするので、没にしました。

でも、いつかは・・・

と考えているのです。

それは足を運ばれた方にしかわからない形になると思います。





と、もったいぶった文章ですが、実際に足を運ばれて私と対面したとして、

「あれはどういう事ですが?」

と聞かれれば、たぶん私、聞いてない事まで話します。

〓しょうしゅう〓

2011.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

節分祭【その1】

正月だと思っていたら、もう節分祭ですね。

昭衆です。

それにしても、毎年元旦祭初祈祷後の奉行が節分祭の宣伝(?)までしてしまうのは何だか変な気がします。

それに、これまでの節分祭の説明にしてもどうも腑に落ちない部分が多い。

たとえば、

「昔より節分には、厄年に当たる人が災いが起こらぬように、前厄、本厄、後厄の三年間を神社や仏閣などに参拝し、豆撒きをして厄払いをしておられるようですが、災いというものは、厄年に限らずいつどこで何を受けるかわかりません。」

という部分。

私の考えでは、そのような文化的行事が行なわれるようになったのはおそらく武士の台頭と武士の貴族化、そして文化の庶民への浸透などを経ながら時代の変遷の中で少しずつ本来の意味などが失われつつ行われるようになったのであって、いかにも神代の昔からのような説明は違うと思う。

ただ、「災いというのもが、厄年にかぎらずいつどこで何を受けるかわからない」という部分は必要だと思う。

次に、

「当教会では厄年の人に限らずどたでも豆撒きを勤めて、その年の災厄を切り払っているのです。」

というのも私としては嫌いだ。

だいたい、前々から言っているけれど「当教会」って何だ?

そのような事を口頭で言っているから「キリスト教ですか?」とか言われてしまうのだと思う。

もちろん、場面場面では「当教会」と使わざるを得ない時もある。

でも、私はなるべく「新明国上教会では~」と言いたい。

次には教祖おや様の教えに、

『豆撒きは、人の心の中に宿っている悪魔と人の運勢を邪魔している悪魔の心を切り払い、心の中と運勢に福の心が授かるように、招福祈祷をして開運の道を開くのである』

と仰せられております。また、

『御守護していただいても、年中くよくよして不機嫌な顔をしている家庭では、悪魔の心が飛び込んできて、福の心も寄り付かなくなり、訪問する人もなくなってくる』

と仰せられ、そして、また、

『悪魔の心は、笑う声が大嫌いであるから、笑い声の絶えない明るい家庭には、悪魔の心は寄り付けなくなり、福の心がどんどん授かってくるのである』

『笑う心に福きたるというように、一日に少なくとも三回笑えよ、そして、たまにはお腹の皮がよじれるような大笑いをするように心掛けよ』

と仰せられました。

というような文章が使われるのだが、「と仰せられました。また」「と仰せられ、そして、また」・・・

ちょっと読んでいてイライラするのは私だけなのでしょうかね・・・

一気に、

『豆撒きは、人の心の中に宿っている悪魔と人の運勢を邪魔している悪魔の心を切り払い、心の中と運勢に福の心が授かるように、招福祈祷をして開運の道を開くのである』

『御守護していただいても、年中くよくよして不機嫌な顔をしている家庭では、悪魔の心が飛び込んできて、福の心も寄り付かなくなり、訪問する人もなくなってくる』

『悪魔の心は、笑う声が大嫌いであるから、笑い声の絶えない明るい家庭には、悪魔の心は寄り付けなくなり、福の心がどんどん授かってくるのである』

『笑う心に福きたるというように、一日に少なくとも三回笑えよ、そして、たまにはお腹の皮がよじれるような大笑いをするように心掛けよ』

で充分!

「と仰せられました。また」「と仰せられ、そして、また」

とかいらない!

次には、

厄月の一月、五月、九月の(正五九)は、季節の変わり目でもあり、特に五月は、大型連休のためそのあおりを受けて、健康状態や仕事にもなかなか厳しいことと思います。

五月病などというのもあります。

自分の身や家族に災いがおこらぬように、おや星様やご先祖のこころに一心にお願いをしてください。

厄という道は、その人の年齢によって厄年があり、男の人は二十五、四十二、六十、女の人は十九、三十三、三十七で、特に四十二、三十三を本厄といい、その前後の年を前厄、後厄といわれています。

また一年間には正五九という厄月があって、一ヶ月には一日、十五日、二十八日という厄日があります。

いずれにしても、今日のような文化生活や車社会になると、厄年や厄月、厄日などと悠長なことを言っている時ではなく、毎日が厄日であると考えていただいたほうが賢明だと思います。

なぜならば、車社会に限らず自分だけが安全な運転をしていれば守られるという時代ではないようです。

地上や海上そして航空というように、いつどこでどのような災難を受けるかわかりません。

悪魔の心は、私達人間が油断している心に入り込んできて、災いを起こさせるのです。

そうした、心を受けないようにするためには、厄年、厄月、厄日に限らず、節分には開運の道を授けていただけるように豆撒きを努め、福の心が寄りつくように福笑いに努め、新明国上様と先祖の心や鎮守の心に、感謝の心をもってお願いして下さい。

そして、厄年、厄月、厄日には、特に新明国上尊の経典御威徳におすがりして、平穏で安全な日々が送られますように、心からお祈り申し上げます。
 
というように来て、締めくくられます。

結局、厄年、厄月、厄日とか、新暦にも旧暦にも記されているような様々な年中行事があるけれど、それらは農耕民族のささやかな休日のための口実だったのだ、と私は考えたい。

一週間に一度二度、休日が来る日常もいいけれど、カレンダーにかかれた年中行事を本来の意味を知らないながらも、それが休日の口実だったのだろうと単純に考えながら眺めている方がおもしろいもん。

人間は本来的にうまくできているんです。たぶん。




はい、書き散らしました。


〓しょうしゅう〓

2011.01.17 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

十五日会

日本酒が苦手な昭衆です。

昨日は今年初めての十五日会でした。

十五日会後、新年会が行われ、私は恒例のカラオケ係りです。

でも、人数が先日行われた新年会とは違うので、とても融通が利きます。

そんなこんなで実際、とてもこじんまりとまとまった、とてもよい新年会ではなかったのではないでしょうか。

そして、一階に移って二次会(?)が行われていたのですが、私にとっては少々調子に乗りすぎてしまいました。

日本酒が苦手なのに、

「もう、飲めないから・・・」

と勧められた日本酒を飲んでしまいました。

あちゃ~

これが効きに効いて、一時間もしないうちに気分が悪くなってきて、その場で寝てしまいました。

お恥ずかしい限りです。

それでも何とか、七時くらいにお開きになってから、別件で飲みに行こうかしらと考えていたのですが、散々行くとか連絡しておいて、結局おこたつで寝てしまっておりました。

飲めなくなった人のお酒をもらう行為は職業柄よくないんだけどなぁ~

でもま!大丈夫だろ!

とよりによって日本酒を貰ってしまったのがよろしくなかったんじゃないかと反省しております。

〓しょうしゅう〓

2011.01.16 | | Comments(2) | Trackback(0) | 日記

新しいパソコン

どうも、初めて自宅のインターネット回線から更新してます。

昭衆です。

サイバー坊主といわれつつ、実は自宅にインターネット環境が整っていなかったのですが、先々月に地デジ対応テレビを購入するにあたり、自宅にインターネット環境を整えました。

整えたのはいいのですが、そういう時に限って友人からのお誘いが多くて、いじり倒せず・・・

いじり倒せずという=気兼ねなくブログやツイッターの更新がメインなのですが、まぁそんな感じでした。

で、本日ほぼ初めて自宅のインターネット回線を通じてこのブログを更新しております。

まったく、自分の努力の足跡や個人的に普段の行動等、読んでいて面白い事は実に職業的にみて洒落にならないものばかりなので、まぁもしかしたら自宅にインターネット回線があるもんだから、そのうち酔った勢いでとんでもない事を更新してたり、次の日いきなり削除されていたりしてしまうかもしれませんのでお楽しみに!

〓しょうしゅう〓

追伸
今までもシラフでマジボケもありますね(笑)

2011.01.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

願文

長びく風邪に悲しくなる昭衆です。

願文とは訓読経の中間部にある参拝者それぞれの願い事を読み上げる部分です。

神殿当番において、基本はありますが、教師それぞれが味付けというか言葉を引いたり足したりしながら、研鑽しております。

何年も経つと独自色があらわれてきます。

そこで「慣れ」てしまってはならない。

というのは私の基本とするところです。


たとえば、

「それは違う」

といわれた時に、自分で納得行かなくても、一度はその意見を受け入れてみます。

もちろん、その意見が間違っていても。

それが私の中で「慣れ」をなくす方法です。

慣れとはおそらく、独善的になっているだけの状態だと思うのです。

そんな事をぶつぶつ考えながらも、どうしようもない失敗を繰り返しているのが、私の現状です。

いい加減でいい加減に落ち着ければ幸いなのです。難しいけど。

〓しょうしゅう〓

2011.01.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 御法

新年会

新年会について、ところまんざら報告。

先ほど、これまたところまんざら報告した神殿祈願がおわってから、新明会館4階にて祝宴。

今回の新年会は教主様と会長様の発案で儀式的に開始致したいという事で、いつもの御真言の前に声螺で会場を清めるという事になりました。

声螺が吹ける教師は私と他2名。

ただその中の1名は御真言担当になっているので、私と他1名。計2名で吹く事になりました。

会場を清め終わり、祝宴に。

祝宴の出し物の中に獅子舞があるのですが、その獅子舞の中の人は私です。

その後、カラオケなどに移って行くのですが、

声螺は法衣。

獅子舞はドンブリという衣装。

カラオケ係のスーツ。

と私は三変化しました。

衣装を舞台裏において、法衣からドンブリ、ドンブリからスーツ。

その後は恒例のカラオケ係。

でも今回はお手伝いしてくださる方が多かったので、私はカラオケのスタートのタイミングを計る係りのみでした。

そんなこんなでごまかしごまかし自分のペースでカラオケの順番を決めたり、お酒を飲んだり、食事をしたりと結構余裕をもって役目をつとめる事ができました。

その後は一階に会場を移して時間の許す限り盛り上がっていたようですが、私が衣装を家に持って帰って戻ってくると席が無く、結局家にいたり、神殿にいたりで五時まで過ごしておりました。

五時に神殿が閉門してから会館の前を通るとちょうどお開きになっておりまして、その後カラオケに行くというお誘いを受けて、私はカラオケに行きました。

今度のカラオケは入力したり、スタートのタイミングを計ったりする必要がないので、大いに楽しんで参加しました。

もうね。

黒いスーツで男性なのに「いきものがかり」の「じょいふる」とか歌っちゃった。

「じょいふる」というのはポッキーのCMで使われていたかなり勢いのある曲なのですが、調子に乗って歌っちゃいました。

よかった。声が持って。

因みに「いきものがかり」は私の出身大学の後輩だったりします。

で。

よくよく考えてみたら、私ってかなりの病み上がりだったわけで、ちょっと今も喉の調子がおかしかったりしますが、それを差し引いても、信徒の方々と陽気に新年会という時間を最後まで共有できるというのは、勉強になったり、新しい発見があったり、時には怒られたりして、とても充実したものでした。

皆様お疲れ様でした。

そしてありがとうございました。

〓しょうしゅう〓

2011.01.11 | | Comments(2) | Trackback(0) | ひとりごと

願文

先日、新年会について書いていたら、間違えてページを戻してしまって、書いていた文が一気に消失。

時間もなくなってしまったので、諦めてしまった昭衆です。

新年会の神殿祈願は経頭でした。

3~4年連続で経頭です。

普段の神殿当番時とかわらない願文なのですが、つい最近、

「本部の神殿で祈願する場合は「管轄は神奈川県川崎市多摩区宿河原1248番地に~」の部分は省略した方がいいんだ」

というような指摘を受けまして、その部分を「当地に」というように変更しました。

願文を日付と大祭名などを変えて(その部分は空白にしてある)使いまわす教師の方もおられますが、私は基本的に願文は使い切りです。

毎回、清い紙に新しい願文を印刷して使用した方がいいと考えるからです。

新しい願文というのもおかしな話ですが、つまりは私の場合よい文言をどんどん取り入れて、よりよい願文になるようになるようにしたいと考えているのです。

これといった決まりもなく、一言一句、一挙手一投足間違えてはいけない御法のはずが、連続する習慣が惰性となって間違いに気付けなくなってしまい、誰の指摘に対しても耳を貸そうとしない教師の方が多い中、私は間違いを指摘された時にも素直に受け入れられる体制はとっているつもりです。

でも、私の場合。

そのような驕った気持ちが起こり始めるだろうという時に限って、

「あ~罰があたってる・・・」

というように気付かされる時が多々あります。

お恥ずかしいですが、罰があたりやすい体質なのかもしれませんね。

〓しょうしゅう〓

2011.01.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

だましだまし失敗

先日から風邪気味の昭衆です。

朝の勤行を欠席して、だましだましで日中の仕事というのは、他の教師方々からあらぬ疑いをかけられそうです。

そんな事をしていたら、もう昨日の晩から本格的に寝込んでしまって、熱が39度。

今日はお休みを頂いてしまいました。

のど風邪とか関節の節々が痛くなる風邪は、何とかだましだましで自然に治癒してしまっていたのですが、どうやら今回の風邪は「熱」がでる風邪。

考えてみると久しぶりに熱のでる風邪。

現在はもう熱は引いて、ちょっとのどの調子が悪いだけです。

あ~正月元旦から無理するんじゃなかった・・・

もう少し自分の時間を作らなければいけませんね。

2011.01.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

あけましておめでとうございます。

昨日から風邪ッぴきの昭衆です。

年末年始は嫌いだとさんざんいっていたので、罰が当ったのかもしれません。

4日の朝方からどうも体が重くて、事務所に来ても相変わらず。

これはやばい!

と早退も考えたのですが、そういう雰囲気でもなく、とりあえず終業時間まで事務所におりました。

今日もちょっとのどの調子がおかしいのですが、だましだましつとめさせていただきます。

〓しょうしゅう〓

2011.01.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる