FC2ブログ

寒さ耐性

寒いのは嫌だけど、冷たさには強い。

寝れば忘れる。

どうもしょうしゅうです。

家を出るまでは、寒い寒いと人一倍言っておりますが、一端家の外に出れば、何故か寒さには強い。

何でかよくわからないのですが、気づけば人より若干薄着でも大丈夫。

そういえば、神殿の扉をちょっとばかし閉めた方が寒さが和らぐ、というわけで最近は朝だけ少し閉めてあります。

何年か前も、少し閉めた方が良いかな的な話が出ましたが、「上に少し羽織れば全開で大丈夫」という事になったと思います。

とはいえ、上を羽織っても、手は寒いので、腕を組んだり、手袋をしたり、皆さん色々工夫をされています。

私としての朝は、御法の事を考えたり、その日の礼拝を振り返ったり、自分が座っている時の姿勢がどのようになっているのか、それらに比べて他の人はどのような心持ちや身体なのか等などを考え、試行錯誤していたら、あ、教主様の入堂時間、という感覚なので、別に全開だろうが、少し閉めてあろうが、何か寒さはあまり関係ないように思い返しています。

ま…

寒いでしょ?って聞かれれば、自分の身体の方に神経というか精神というか、何かが戻ってくるので、そリャ寒いよ。ってなります。

逆に、教主様の入堂と共に閉扉、外では何が起こっているのか分からない、そうこうしている内に勤行が始まる、勤行終了とともに開扉、教師の方々が出てくる、みたいな感じも、神聖さが際立って良いんじゃないか、とか妄想してしまいます。

でも、そうなったとして一番困るのは、朝が弱い私です。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2018.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

宿河原では予報通り雪が降っています。

どうもしょうしゅうです。

寒さの表現で毎回、関東地方の寒さは耳元で、

「寒い?寒くない?あれ?今、寒いって言った?…はい!寒いって言った〜」

と言われ続けている寒さだと書いておりますが、雪が降ってしまえば、何か寒いのが当たり前みたいな感じで諦めてます。

おそらく明日は雪かきです。

まぁ関東地方の雪は太陽がでれば数日で瞬く間にほぼ消えてしまいます。

そして私達が、さぁ雪かきをしようとウホウホやると雪を一箇所に集めてしまって、逆になかなか雪が消えない現象が発生します。

親切心の逆効果、前から歩いてくる人とフェイントのかけ合いみたいになる現象とちょっと似ています。

〓しょうしゅう〓

2018.01.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

もちもの

今日は教師会でした。

どうもしょうしゅうです。

神殿当番の時にいつも私が持っていっているものは、

持鈴、御砂以外のお道具。

パソコン、パソコンの充電機器等。

朝、仏飯器に盛られていた御飯を持ち帰るタッパー。

出張祈祷に行った時の資料等。

また、お道具の中でも『三宝経典』は必ず持っていきます。

要は急にその場で先祖祈祷を依頼されてもできるような用意なのだと思います。

ここまで書いてきて、今度から持鈴も持っていこうかなとか考えてます(笑

まぁ、要は神殿当番のみを目的とした準備ではないという事です。

実はそのような必要は全くありません。

私の自己満足です。

でも、私のようなふにゃふにゃした人間にはほどよい緊張感となっているのは確かだと思います。

最近では十五日会の言念導のお取り次ぎの時には、何を質問されても、実技でごまかせるように答えられるようにほぼ全てのお道具とパソコンも持ち込んでます。

〓しょうしゅう〓

2018.01.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

祈願札

ダークソウル3は私にはむいてないゲームでした。

どうもしょうしゅうです。

新明国上教会では、一般的に「護摩札」と言われる御札を『祈願札』と言います。

そして、お焚上げ等と言われている行為を『かいえん』と呼びます。

新明国上教会用語で言うと、

「祈願札を『かいえん』する」

という事になります。

『かいえん』という語感は、どうしてもポルシェの車種のカイエンを思い出してしまいます。

現在、私は導師や経頭、奉行といった脳に汗をダラダラかく役目が多いですが、祈願札を『かいえん』する行が結構好きです。

それぞれの祈願札の願いが天に届くように思い描きながら、『かいえん』の御法を行じている時、かなり気合が入ります。

そういう「思い方」というものは、実は習うものではなく、慣れでもなく、そのうち段々でもない、難しい所です。

もちろん、大体「教えられる」のですが、それだけでは本物にならない部分で、教えられただけをやっていれば、どんどん形骸化してしまうという困った部分でもあります。

その点、新明国上教会には、他の追随を許さず、この世界のどこにもない、この世の最後にして最強の『経典(経文)』という存在があるので、何とかなっているという状態かもしれません。

形骸化しても、それを埋めてしまうほど強力なので、自分では正しいと思っていても、正しいと思っている時が一番危険な状態。

常に更新し続けなければならないのだと思っています。

〓しょうしゅう〓

2018.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

げた

因みに、ブログの最後に、

〓しょうしゅう〓

と入れるのは中川しようこさんのパクリでした。(今はやってないっぽい)

それというのも「〓」は「げた」って入れると変換されるし、私もほぼ毎日下駄はくし、いいじゃん「〓(げた)」

というわけで、

げたしょうしゅうげた

となったわけです。

〓しょうしゅう〓

2018.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

ほぼ10年…

言念導のお取り次ぎをiPadでペーパーレスにしてみたい。

どうもしょうしゅうです。

ふと、以前のブログを見てみたら、ブログを初めて10年になるのですねぇ。

初めての投稿が2007年12月2日。

文章の稚拙さは今も変わりませんが、何か最初期は写メも使ってたみたい。

そして短い。

使っていたのはガラケ。

一応、メールからの投稿もできるように設定されていて、そのアドレスも今のスマホに入ってたりします。

と、ここまで書いたくらいでアップされていて、いやいやもっと短くて終わってますね、最初期は。

たぶん、初めた時はTwitterもなくて、ブログをその変わりに使っていた時期なのかもしれないと思います。

そういえば一時期「ブログの女王」なんて言われていた中川しようこさんも、要するに今のTwitterのようにブログを使っていて、更新頻度がベラボウな回数になっていたように思い出しました。

〓しょうしゅう〓

2018.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

平成30年十五日会 新年会

ドラクエ11(チートなし)クリアしました。

どうもしょうしゅうです。

先日、平成30年になって初めての十五日会が行われました。

新年初めの十五日会は言念導のお取り次ぎ等の後、新年会というのがお決まりです。

今年の言念導のお取り次ぎは私だったのですが、最近、ちょっと言念導のお取り次ぎがしょうしゅうに偏りすぎなのではないかという評判です。

とはいえ、今年の言念導のお取り次ぎの年間役割分担表がまだできていなかったので、信徒会の代表から13日の新明国上教会と信徒会の合同新年会の時に依頼されて、ほいほい引き受けてしまう私がいけないのかもしれません。

また、昨年末からあまりに自分に言念導の役割があるのを枕にして、おもしろおかしくツカミはOKみたいに何度か話したりしたのがいけなかったのかもしれません(笑

気づいてんじゃないか!それだよ!

って突っ込まないでくださいおねがいします。

とはいえ、こういう言念導がほしいと言われれば、それに合わせますし、これくらいの時間、話してくださいと言われても、それに何とか合わせます。

文句も言わな…いやむしろ堂々と笑顔で文句言いますし、言ってます。

でも、朝の勤行に出席するだけではなくて、信徒の方々とのふれあいと見えない殴り合いの中で行われる『行』を私だけウホウホ楽しんでるみたいで、他の教師の方々に申し訳なくもあります。

でも私は欲張りなのでまだまだウホウホ楽しみます。

〓しょうしゅう〓

2018.01.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

健蔵せんせい ゆるめの自己紹介

どうも、新明国上教会、最年少教師の関山健蔵です。
満33歳。走ることと食べることとピアノが趣味です。

この道に入って早1年半が経ちました。
先輩教師も皆良い人達ばかりで、御法や作法もとても丁寧に教えてくれます。

まだ修行レベルは1〜2。ホイミも唱えられませんが、これからもっと修行を積んで他の皆と同様に一人前になっていけるように頑張ります。

入った当初は30分も正座が出来ませんでしたが、今は2時間ほど出来るようになりました。
修行の成果あり!???!?

調子に乗ってすみません、これからもっともっと精進します!

では、健蔵せんせい ゆるめの自己紹介でした。

See you again!!!!

というわけで関山健蔵教師がボクもブログ書きたいというので書いていただきました。

〓しょうしゅう〓

2018.01.09 | | Comments(1) | Trackback(0) | ひとりごと

テクノロジー

今日は神殿当番です。

どうもしょうしゅうです。

昨年末の羽生善治さんの話の中で、

「将棋はテクノロジー」

という言葉がありました。

一見、アナログなものでも、それを使う人にとっての思考内容は日進月歩である。

というように勝手に受け取って、我々が使う『天国法流』という『御法』も同じように「テクノロジー」なのではないかと感じました。

同じことをやっているようで、毎回違う。

といえば、いい加減なように聞こえますが、その家々によって受けてくる『因縁』というものは毎年毎月毎日毎時毎秒違うものです。

例えば、学業盛大と願っていても、その前に身体健全でなければならず、その予防としてある意味当病平癒という心も常に必要になってきます。

全ての願い事はリンクしていて、誰しも一つの事を願っているようで、様々な願い事が複雑に絡み合っています。

そのような人の願い事を前にして、礼拝の心によって場を整え、浄め、願い、御法を組み立てて、御守護の最新システムをそれぞれの家々に構築していくのが出張祈願なのではないかと思います。

まだまだ思考実験は続きますですが、今はそのような事を考えつつ、これから掃除をはじめようと思います。

〓しょうしゅう〓

2018.01.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

メッセージ

今日でとりあえず一段落です。

どうも、しょうしゅうです。

信徒、参拝者の方々とどのようなお話をするのかというのは、いつも考えさせられます。

自分自身の話をとっかかりとのは、大切な事ですが、最終的に自分の話しかしていない、という状態は避けたい。

そのような状態の混沌とした自分の思考中から、教祖おや様のお話、御法の話にリンクさせていくか、が教師の腕の見せどころだと思います。

今は、自分の話から、少しずつ御法の話にリンクさせていく方向が、私にとっては合っているようです。

もしかしたら、間違っているかもしれない、という常に反省し続けてもいる状態(敢えてしていますが)でもあるので、枕に顔を押し付けて「あ~~~~~」とかいっている夜もあります。

誰かが私の発言の中の一言、一言でいい。

新明国上教会に対して興味を持てるようなメッセージを、発し続けられたら、いいなと思いますです。

〓しょうしゅう〓

2018.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

2018年あけましておめでとうございます

2018年、神殿当番はじめです。

どうも、しょうしゅうです。

今年の初スベリを初祈祷の言念導のツカミでやらかしましたが、今年も攻めていこうと思います。

緊張感をもって、アガらずに。

因みに今年の初スベリは、

今年は教主様のお言葉で、元旦祭御綱式の開始時間が午前三時から午前0時に変わり、いつもとは違うので、緊張からか、なかなか仮眠できず、慣れない寝酒を頂いても、なかなか喉を通りませんでした。




十杯目が。





初祈祷の言念導ではあまり冒険するものではないなと思いますた。

でも、その後には逆に冷静になれて、一言一言を噛み締めながらお取り次ぎできたので、怪我の功名かもしれません。

今年もよろしくお願い致します。

〓しょうしゅう〓

2018.01.04 | | Comments(1) | Trackback(0) | ひとりごと

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる