FC2ブログ

一日祈祷

今日は一日祈祷でした。

私の役割は以前にも書きましたが「言念導」。

一般的に言えば、「説法」です。

とはいうものの、一方的なものではなくて双方向的に考えなければならないのが「言念導」です。

今回は「お盆」についてお話をしました。

皆さんがお考えになるような「お盆」というのは仏教ですよね。

仏教といえばインドですが、実際は先祖崇拝の盛んな中国で発達したものです。

そんな事をいうとお釈迦様の十大弟子の一人神通力一番といわれた「モッガラーナ」が亡くなった母の地獄での姿をみて・・・・・・・・

などと言われてしまうかもしれませんが、実際インドであろうと中国であろうと関係なく、日本でも同じ時期に盛大に先祖を祀る行事が行われていて、それに仏教行事がうまい具合に乗っかっただけというのが私の正直な感想です。

しかし、いずれにしましても、日本においては無数の先祖や三界萬霊の心を供養する期間で、日本人にとって忘れる事のできない先祖供養の期間です。

この期間には皆、実家に帰り先祖と共に・・・

とはいうものの、実は親戚縁者と交流を深めていたのです。

「お盆」と殊更に騒がなくても自分の自由にできる時間を考慮して、実家に帰ったり、お墓参りしたりすればいいのです。

いつでも思い立った時に先祖供養をする。

それが「お盆」の本来の意味ではないでしょうか。

ただ、人間は忘れてしまう生物なので年に一回この時期に、大々的に「お盆」と称して、先祖供養をしているだけなのです。

少々、掻い摘んで今日のお話を書いてみましたが、本来ならばこの後に教祖おや様のお言葉が続きます。

スポンサーサイト



2008.08.01 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる