FC2ブログ

礼拝の御法について

私の場合、自分でいうのも編ですが礼拝の御法についてはかなり厳しいです。

なぜなら、自分自身の慢心や惰性を排除したいがためです。

それでも慢心しますし、惰性になってしまう時があるので、厳しく自分を見るようにしています。

「能」の創始者、世阿弥が、その著作「花鏡」の中で、

「離見の見」

という事を説いています。

何となく聞いた事のある言葉でしたが、自分の礼拝に対する姿勢を考えていたら、この言葉が「今は」一番しっくりくる言葉だなと感じました。

スポンサーサイト



2009.01.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる