FC2ブログ

笑うという事

『一日に三回笑い、年に一回は腹がよじれるくらい笑う』

と教祖おや様は仰せられています。

確かに現代では笑いの効能は素晴しいもので、脳科学からそのシステムを解明しようとするなど、研究も進んでいます。

ただ、一言ではいえない部分も人間にとっての「笑い」の中にはあるように感じます。

私は教祖おや様の言葉、

『一日に三回笑う』

というお言葉を基本的な生活態度の中に取り入れている一人であります。

だから、その笑いの中にも様々な種類があるのではないかな?と考えてしまうのです。

その上で、自分の中であまり気に入らない「笑い」をしてしまった場合は、

一日の三度の笑いから「1」を引きます。

それと言うのも厳しい話、

「そんな作り笑いいらない」

と言われてしまった事があるからなのですが、確かに、人を幸せにする笑いもあれば、人を不快にする笑いというのも存在します。

それは自分では気づけずに人を傷つけている場合がほとんどなので、一日に三回笑ったとしても、どこかで必ず「マイナス1笑い」は存在しているように思います。

だからこそ、この『一日に三回笑う』というお言葉は重要な言念導の一つだと考えています。

スポンサーサイト



2009.01.15 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる