FC2ブログ

作法について

作法について考え出すと、細かくなりすぎてしまいます。

それこそ、遠く離れている爪の先を一気に引き寄せて目の前で合わせほどの身体的感覚を自分自身としては求めてしまう面があるので、

「それはいきすぎ!」

と注意されてしまいます。

私としては譲歩して、せめて三本の指の先が合わさるほどの感覚までにとどめています。

人間の体ですから左右対称とまではいかなくても、それくらい研ぎ澄まされた感覚を自分に求めてしまいます。

で、注意されてしまいます。

何の話かというと「合掌」から「礼拝」までの所作についての事です。

御法は「みのり」とも読む事ができます。

御法を行う事で「みのり」ある所作、行動、言動が自分の中にはぐくまれるように精進したいものです。

スポンサーサイト



2009.06.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる