FC2ブログ

錫杖の作法

錫杖は「一つ二つ三っつっつ」と振れと教わります。

どうも文字にすると、おかしな感じになってしまいますね。

こればかりは担当教師から教えを受けるか、足を運んで教えを受けに来なければないようです。

さて錫杖の作法といえば、上記のような振り方と構え方があります。

どうしても初めは振り方に意識が行ってしまいます。

そこが落とし穴です。

実際、それ以上に重要なのは全体の調和、右手で振り、左手で構える事です。

構え方がいい加減ではいけません。

振りつつ、構えつつ、自分自身の全体像を離れた目線で見る事が大切だと思います。

振る事も構える事もあくまで、振っている、構えている、という事です。

振る事には、どのような意味が含まれているのか、構える事にはどのような意味が含まれているのか、よく考えてみれば、どちらもいい加減になってはいけないという事を身体が感じるはずです。

スポンサーサイト



2009.09.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる