FC2ブログ

子ども縁日

子ども縁日は無事開催する事ができました。

子ども縁日が無事開催できるのも、新明信徒会の皆様、地元宿之島お囃子保存会の皆様、その他多くの方々に支えられて開催できていると感じます。

特に準備をしているとひしひしと感じます。

そして、開催したとしても人が集まらなければどうしようもありませんから、実は子ども縁日に来てくださる親子さん達にも支えられているように感じます。

それにしても、開催されるたびに、

「みんなで合掌してから始めたらどうか?」

「何かしら新明国上教会の教えを持って帰ってもらえないだろうか?」

というような事を言われます。

確かに、それらが大切である事はいつまでも変わらない事ですが、子ども縁日の目的は、

「新明国上教会の境内に足を踏み入れてみる」

だけでいいのではないかと思います。

踏み入れる機会がなければ、地元に住んでいても足を踏み入れる事はないでしょう。

実際、新明国上教会の境内に足を踏み入れるという事の大切さは、言念導で何度も登場します。

そして、信徒の間で口承で伝わるようなお話にも、足を踏み入れるだけの行動の大変さと大切さが語られるお話がたくさんあります。

いずれにしても「足を踏み入れる」という言葉は少し俗っぽく感じられるかもしれませんが、「足を踏み入れるだけの事」が非常に重要だと、後々わかればいい事です。

何はともあれ、今回は非常に多くの人たちに助けられて開催できたのだと感じています。

言葉足らずな電話と不器用なメールで、不得意な連絡しかできない私が、その連絡を少し楽しく感じられたのも皆様のおかげです。

ありがとうございました。

スポンサーサイト



2009.11.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる