FC2ブログ

今更ながら・・・

あけましておめでとうございます。

こんなに新年のごあいさつが遅れまして、誠に申し訳ありません。

私は最近、頭をさすると少々痛いので疲れ気味ないなあ、なんて感じておりましたが、何とか元気であります。

このブログをまったく忘れていたのではなくて、あれを書こう、これを書こうと考えているうちに時間がすぎてしまいました。

そういえば、新明国上教会では大祭では国旗と正門に提灯をあげます。

また、祝日には国旗をあげます。

このあげる係りについて思った事です。

さて、これらをあげる係とは誰でしょうか?

結論から言いますと、新明国上教会関係者全員です。

誰かが気づいてあげればいいだけの話です。

それでも、昨年12月の教師研修会時に「国旗をあげる係りは神殿当番」と決定しました。

実際、私はいつも忘れていたので、少々いい訳じみているかもしれませんが、これを期に何とか忘れないように気をつけようと反省させられた次第です。

それではいつもあげていた人が誰なのだろうと考え直したら、教師研修会にて「国旗をあげる係りを決めたらどうか」と提案した教師の方でした。

確かに、帰りがけに国旗をあげておられたようです。

しかし、つい先日の成人の日。

その方は国旗には見向きもしません。

神殿当番の教師の方を見てみると、どうやら忘れているっぽい感じでした。

それではと、8時以降の役目を行う前に私が国旗をあげさせて頂きました。

どういう了見で「国旗をあげる係りを決めたらどうか」と提案したのかはわかりませんが、

「いつも私がやっているのに、誰も構ってくれない」

と子供じみた主張をされたみたいで情けなくなってしまいました。

これは私が「新明国上教会関係者はすべての行事において、協力し合わなければならない」と考えているのかもしれませんが・・・

何やらまぁそれ以上に忘れっぽい私はもっと情けないのですがね。

だから私は「国旗をあげるのを忘れないようにするのは神殿当番」だと解釈しています。

そして「神殿当番は国旗をあげさせる権限があり、国旗掲揚者の決定権がある。またその決定は絶対である」という事で、誰に頼んでもよいという事だと解釈しています。

いっその事、国旗、提灯は常に出しておかなければならない、ま、ほどほどにね。

くらいの気持ちでいようと思います。

忘れっぽいので・・・

スポンサーサイト



2010.01.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる