FC2ブログ

池。

20071204103706

古くは川施餓鬼が行われていましたが、現在では行われません。

なぜなら「川施餓鬼」を知っている方が少ないので「川を汚している」「川にゴミを流している」と偏見の目で見られるからです。

しかし川施餓鬼という単語ではなくても、同じような意味合いを持った、或は持っていたであろう民間行事が日本中にあります。

もっとも今では意味合いが変容している場合が多いので、普段から個人宅でお祭を修するわれわれが川施餓鬼を行おうとすると上記のような偏見になってしまうようです。

そのため、出張祈祷で供せられた供物の一部はこの池の鯉に食ってもらいます。

で、ですよ。

供物のだんごやらおにぎりやらの味を鯉たちが知ってしまったようなのです。

普通の鯉のエサには見向きもしなくなりました。

鯉もグルメになるんですね。

初めて知りました。

まぁ、寒くなるとあまり食べなくなりますがね。

因みに金魚の中に今年生まれた鯉の稚魚が混じっています。

黒いのでわかりにくいですが、探してみると面白いですよ。

スポンサーサイト



2007.12.04 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる