FC2ブログ

錫杖バリエーション つづき

昨日の続きですが・・・どうも昭衆です。

錫杖バリエーションについて書こうとしていたのに、どうも最近愚痴っぽくなっていけないですね。

反省です。

それでは直に錫杖バリエーションについて。

錫杖を習う時には必ず、

「一つ、二つ、三っつっつ」

というように振れと教わります。

この「一つ、二つ、三っつっつ」というのは非常に厄介なリズム。

口で言うのと、体(腕)で刻むのとでは、全然違います。

「一つ、二つ」と「三っつっつ」というのは同じ長さ。

だから「一つ、一つ、一つ、一つ」でも同じように触れてしまうのです。

おそらく「三っつっつ」の解釈の仕方で、てんでんばらばらな状態になっているのだと思います。

しかも、一回身に付けてしまったものを修正しようとしても、もう誰が何と言おうと駄目みたいです。















と、何だかまた愚痴っぽくなってしまいましたが、


最近の傾向としては右手で錫杖を振る時の違いが云々・・・


よりも!


錫杖を降っている時の左手の形の方が重要。


という事です。


皆さん、錫杖を振る時の左手がお留守になっていませんか?

スポンサーサイト



2010.10.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる