FC2ブログ

新明誌116号

先日の火祭大祈祷の際、新明誌116号が発刊されました。

年に1回しか発刊できなかった年もあったかもしれませんが、私が新明誌の編集を行い始めてちょうど10号になります。

早いものです。

でも、回を重ねるごとに私の文章の癖がわかってこられた方がおられると思います。

まぁ・・・実の父親にはよく指摘されます。

それにそもそも私が新明誌を編集しているという事はほとんど知られていないような気もします。

前回からは最後の編集後記や「新明国上教会 教学部」の部分に私の名前を掲載させて頂きました。

それといつも思うのですが、何十号も前の新明誌には教師の方々の投稿があったように思うのですが、最近ではめっきり減りました。

十五日会や日曜参拝会、一日祈祷やその他の大きな大祭の言念導・・・

それに信徒の研修会の言念導・・・

それらも新明誌の記事の中の一つのカテゴリーにはなっているのですが、口頭の言葉を文章の言葉に直すのは私の仕事です。

結局は手前味噌な感じで自分の文章をかなりの量を提供していると思います。

考えてみれば、恥ずかしげもなく、よくもまぁこんだけ書いてきたなぁと感心したりもするのですが、先述のように文章の癖がでていると指摘されるのが自分では一番気になるところです。

もちろん、ほとんど皆無に近い投稿の中から、たまには原稿のまま掲載してしまってもいいかなと考えるのですが、結局「読みやすさ」を考えると手を加えざるを得ません。

しばらくは私の癖のある文章で皆さんには我慢して頂くしかないですね。

というわけで。

新明誌116号が発刊されているので、是非手にして読んで頂きたい所存です。

今回の新明誌は少ないページでありながら、面白く読めると思います。

我ながら自信作です。

いや、実際は毎回が自信作です!。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2011.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる