FC2ブログ

新明誌の記事

毎年、神殿当番表ができるのと同時に年間言念導御取次表ができます。

主要大祭と十五日会、日曜参拝会などの時に御取次される言念導の当番表です。

もちろん、年度が始まってから懇親旅行などの日程が決まると、当番表にあっても中止される事もあります。

ちょっと提案をしてみたいのが、新明誌の言念導について。

新明誌に掲載されるから「言念導」というわけではなくて、日常の所感や詩でもいい。

とにかく、言念導を話す場合と編集する場合の違いを他の教師の方々も経験した方がいいように思うのです。

だから言念導の年間御取次表に「新明誌2号分」の欄を作って欲しいと思うのです。

ただ、大祭や十五日会で御取次される言念導を新明誌にそのまま掲載しても読みにくいどころか、おそらく1ページいくかいかないかという量になる事でしょう。

原稿用紙にして10枚くらいでまとめられているものがふさわしいと思います。

かくいう自分は・・・

以前から勝手に「言念導枠」という真っ白なファイルがありまして、大祭用には2ページ、十五日会や日曜参拝会用にはその倍か、倍より少し多め、というような感じで制限しています。

大祭は2ページ以上にすると話をきくより座っている方がつらくなります。

私たち教師は大祭時に祈願札などを「かいえん」するため起立しますが、信徒の方々は座りっぱなし。

その上、言念導のお取り次ぎの時も座りっぱなしになってしまうので、

「早く終わって欲しい」

と思いたくなくても、思ってしまうものです。

だからちょうど2ページくらいをゆっくり読んで3分くらいかな、という計算です。

他の参拝会の言念導は、言念導のお取次のほか、作法や所作についてのお話を加えたりもします。

ただ、作法や所作をそれぞれの動きを分解しては組み立てて、分解しては一つ一つの形を確認してから再構築して・・・

などと考えながら礼拝や御法を行っている人は少ないので、作法や所作についてはよほどの事(依頼など)がないかぎりお話しません。

とにかく、新明誌の記事について、教師の方々一人一人の意識を高めるために、何かできればなと思っています。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2011.07.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる