FC2ブログ

礼拝の御法

礼拝の御法は非常に繊細です。

ブログで何度も書いていますが、実のところブログに書く事によって自分に言い聞かせています。

つい2~3ヶ月前から特に気になりだした事があります。

礼拝の御法は「三礼」なのですが、当然、合掌に始まり合掌に終わります。

しかし長年の惰性の結果、最後の合掌が省略されてしまう礼拝になる場合があるようです。

私はこの場合、最後の一礼はキャンセルされるのではないかと思います。

つまり、最後の合掌が省略された場合、三礼ではなく、二礼しかしていない、という事になります。

「継続は力なり」という格言が悪い方向に流れてしまった結果だと思われます。

合掌も同じです。

合掌には様々な種類があるのですが、新明国上教会で行う合掌はスタンダードなタイプ。

掌、指先、指の間をピッタリとそろえた形です。

それが毎日行う事によって、指先がそろわなかったり、指の間が空いてしまったりします。

常に気をつけていれば別なのですが、朝起床したばかりの頭ではなおざりになりやすく、しかも定着しやすいようで、一度気を抜いて間違った御法が定着してしまうと、矯正するのに非常に時間がかかります。

もっと悪い場合は、それが正式だといい始める事さえあります。

どのような宗教でも拝んだり、祈りを捧げたりする姿勢・形というものは基本の基本で、まず礼拝から始まるものだと思うのですが、きっとどのような宗教も当所の姿勢や形とは別のものになっていたりするかもしれません。

礼を尽くすために礼拝(三礼)は歪まないように気をつけたいものです。

と、私は自分に言い聞かせながら礼拝しています。

ちょっとやりすぎじゃない?

といわれたりしながら。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2011.08.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 御法

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる