FC2ブログ

持鈴の事

本当の事を言うと、それが悪口みたいに聞こえてしまう時ってあるよね。

どうもしょうしゅうです。

持鈴というお道具があります。

字の如く、鈴です。

経文の区切りの部分で振られるのです。

でも、よく聴くと振り方に「癖」があります。

因みに私は、グッと引きつけて振ります。

実はこの振り方は昨年亡くなられた石井盛利教師の振り方です。

私の尊敬する先生で、今も気付けば「よう!」なんて出てきてくれそうな気さえします。

ですんで、尊敬する石井先生の持鈴の振り方を後世に残そうと思った……

訳ではありません。

ただ一番「自然」で「美しい」と思ったまでです。

たぶん、だめだろ!って師匠の言われたら直します。

ここで一番重要なのは「直せ」と言われた時に「直せる」環境を残しておくことです。

私の場合、引きつけるとは言いましたが、要は、

「リン      リン」
とあげるところを
「        リンリン」
ってあげてるだけとイメージして振っています。

あ、本当のイメージを音で表現すると、
「チン      チン」はいいのですが、私の振り方だと、

・・・・・・ってなるので「リンリン」なんてコジャレた擬音を使ってみました。

いずれにしても、「臨機応変にな!」って石井先生に常々言われていたので、守っていきますよ!

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2015.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 御法

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる