FC2ブログ

春季大祈祷結願日

ただ今、春季大祈祷後の直会を終えたばかりで、ほろ酔いでし。

どうもしょうしゅうです。

最終日の言念導は私が編集したお話しなので断りもなく、出来が比較的良かったので転載させて頂きます。

平成27年4月14日 言念導

本日は春季大祈祷結願日に、ご参詣ご苦労さまでございます。

当年の春季大祈祷中は陽気が不安定なために、肌寒い日々が続いているようなので、風邪などひかないようにご自愛ください。

では、言念導のお取り次ぎをさせていただきます。

昭和10年のある朝の勤行の折に、教祖おや様は、

『お前たちよ、よく覚えておけよ』

『今に神が布教にのり出す時は、一心に願う者には、自分でも思いもよらないほどの、不思議で大きな守護がゆくぞ』

と仰せられたようです。

皆様が、先ほど一心にお唱えなされた御真言の、

『いーじょうむうじょう かんねんこうりき くうげんじょうじょう』

について、教祖おや様は、

『新明国上三宝経の一切をお唱えしたと同じ、御守護が得られる 急所のお経文であり、この世、最高の威徳のある御真言で、将来はこのひとくだりの御真言が、説かれると何百巻にもなるのである』

と仰せられております。

『万物の根源、生命の根源もみなこの御真言のなかにあり、大宇宙間の万物の心が含まれている、この御真言を一心に唱えると、中庸(ちゅうよう)の道の心となり、平和な社会生活ができ、すべての徳が授けられる』

と仰せられました。また、

『よいぼうとうさい よんとくようめい きーくれんどー』

の御真言についても、教祖おや様は、

『役目、役目の心様に唱える経文で、一心に唱えると、いかなる願いも成就して、福徳が得られる、有り難く、尊く、威徳の高い御真言である』

と仰せられました。

『この二つの御真言は、世界中のすべての神仏の心様に唱えても、さしつかえないどころか、全世界の心様がお待ちかねになっておられる経文なのである』

と仰せられました。そして、この経文は、

『神仏、動植物のすべての心様の前で、また、自動車、電車、飛行機の中や、それぞれの職場で、または家庭の中でも、一心に、心の中で唱えることにより、大難は小難の心に不思議な守護が得られるのだよ』

と仰せられました。

新明国上尊の御威徳をいただいて、日々の幸福を求めるために、開かれた奉賛金の道をつとめることにより、新明国上教会との縁つなぎができて、新明国上教会の御神殿で朝夕の勤行に、御祈願する道により、経文の威徳の心に通じ、身上が開けて、よい道に引き立てられるのです。

この奉賛金の道は、一粒の御守護をさずけていただくための種の心なのです。

種の心なくして万物は生じません。

春季大祈祷の道はその「たねまきの心の道」なのです。

『利益は経文威徳にあるよ』

との教祖の教えの道を通して、各自の心願の種まきをするために、足を運び一心に経文を唱え、丹精する努力の心に精進なされ、秋の火水祭にはよりよい収穫の喜びと、心願成就の感謝御礼の祈願が できますよう、ご精進なされますことを祈念して、言念導のお取り次ぎとさせていただきます。

大切な御真言をネットに載せてしまいましたが、皆様一心に唱えして御守護を頂いてください。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2015.04.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 日記

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる