FC2ブログ

教会葬

10月17日、教会葬が滞り無く執り行われました。

大勢の参列を賜り、ありがとうございました。

とても盛大に…

と言っていいのか、わかりませんが、とてもいい葬儀だったと思います。

どうもしょうしゅうです。

教祖おや様の葬儀は神殿ではなくて、当時は別棟にあった祖師堂で執り行われたので、今回は初めて神殿で行われた葬儀という事になります。

葬儀では、私が鐘の役割をさせて頂いたのですが、実はまだ役割などが決定していない段階で自分が鐘の役割になれるように位置取りをしながら座っていたのは秘密です。

ただ、鐘をあげるのではなくて、その場にあった音を作りたかったのです。

葬儀という事であまり大きな音にはせず、優しく響かせるような音。

また、優しく響かせる音だけではなく、一回一回の音が積み重なって、力強くも荘厳な音。

優しく響かせる音を基準にして、経典中に出てくるすべての音に表情を。

そのようなイメージです。

お酒が入っていて、前後の話はよく覚えてないのですが、

「あんな音もだせるんだね〜」

ってのは最高の褒め言葉でした。

一つの音で喜怒哀楽が表現できるはずだと思うので、これからも精進致します。

因みに大きな音を出すより、小さな音を出す方が、実は力が必要で、鐘をあげ終わった時には両腕がパンパンでした。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2015.10.18 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる