FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

やっぱり関東の寒さはいやらしい

「寒い?寒いよね?寒くないの?あ!今、寒いって言った?え?言ってない?言ったよね〜寒いよね〜」

って耳元でずっと言われて続けているような、関東地方の寒さです。

どうもしょうしゅうです。

願文というのが経典の中にあります。

基本はあるものの、教師によって違います。

幼馴染は「フリースタイルの部分」とか、ぬるっとした横文字にしてますが、まさにその通り。

私は、必要だと思えば、文言を増やしたり、言い方を変化させたりして、昨年の願文と今年の願文は若干違っています。

大きな例で言えば、

「火難盗難水難等」という部分。

以前までは「火難盗難等」でしたが、一昨年あたりから、はっきり「水難」を加えました。

それというのも、水難といっても海や河川だけでなく、商売にしても、事業にしても、家庭にしても、水商売のおねーさんで間違いを起こす「水難」ってのもあるんじゃないかと思って加えました。

もしかしたら、ソレ以外の「水難」という意味を、教祖おや様から含まされている可能性もありますが、今の段階の自分ではそんな感じ。

願文というのは各自思わされて創意工夫していくものだと、自分では考えています。

でも、願文製作はなかなか難しいもので、何年も前に依頼されて私が作った願文…

それがたまに使用されたりして、なんか恥ずかしくなったりします。

しかも、それを聞いた人に、

「しょうしゅう先生の願文、何々先生の願文と同じなんですね!」

なんて言われて、

「いや、それ逆です。逆。」

という事が、つい最近起きましたwww

確かに、依頼に沿って日付を空白にして使用できるようにしたので、そうなるのは致し方無いですがね。

20代の時は、依頼されて作っても、

「その願文は一回限りでお焚上げしてください!」

なんて気張ったり、それでもまだ使おうとしていたのが置いてあったので、こっそりお焚き上げしたりしてましたが、いまでは「まぁいいか」になってしまいました。

でも本当は、いまでも、一回使った願文は焚き上げるのがベストだと感じています。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2016.01.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。