FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

願文の御真言の前に唱える経文

お久しぶりです。

しょうしゅうです。

日中にパソコンにふれることが少なくなって、だいぶ経ちました。

かれこれ、以前の更新が6月です。

現在、教会周りの仕事等を考えながら行っています。

もちろん再生ろうそく作りも行っております。

ずーーーと「芯」と「ロウ」の割合を試行錯誤しています。

それ以外には御法に関して、教主様の息子さんに色々教えようと思っているのですが、教師の皆さんもそれぞれ教えたい事があるようで、私が発言できるのは少ないです。

でも、それだからこそ、分かった事がありました。

何となくですが・・・

訓読経の中に、各人の願い事を読み上げる「願文」という部分があります。

願文は各教師の教わった師により若干の相違があります。

けれども、最後の最後に「ある経文」を唱えてから、御真言で結ばれています。

最後の最後、御真言を唱える前に唱える経文。

これは一体何の役目があるのか、考えていたのです。

因みに、私は当初からこの経文が一番大事だと感じていたので、自分のできる限り、はっきりと、発音するようにしていました。

さて

訓読経は、その他の経典部分に比べ、日本語として、何となくわかります。

けれども経文です。

むやみに訳したり、解読したりはできません。

ですが、最後の最後、御真言を唱える前の経文は、まったく解読不可能です。

これはもしかしたら、訓読経と願文をつなげ、全体として「経典・経文」にするための「ドライバ」的な役割なのではないかと。

先程も書きましたが、願文は各教師の教わった師により若干の相違がありますし、まぁ平たく言えば「日本語」です。

だから、それを、全体を通して「経典・経文」にするための経文なのではないかと。

何となく気付いたのは、教主様の息子さんに夏期講習会で経頭の役をして頂いた時のこと。

あとから、

「あれ?少し経文訛ってるよね?」

と息子さんが言われておりました。

私が聞いた感じだと、経文部分は訛っていないと思います。

願文は・・・確かに訓読経や願文を覚え始める2〜3ヶ月間に茨城訛りの先生が隣にいたので、かなり訛っていると思います。

でも聞く所によると、経文部分が訛っているわけではないといいます。

いや、それはおかしい。

ということは、もしかしたら全体として経文となって聞こえていると捉えれば話が通じるわけで。

もしかしたら、上に書いたような、最後の御真言の前に唱える経文がドライバ的な役割を果たして、目に見えない心様によって、願文部分の翻訳が行われているのではないかと、感じたわけです。

う〜ん・・・上手に表現できませんが、それもまたほどよい。

今後、また違う感じ方をする時がくるかもしれませんが、とりあえず現在の備考として。

それと、御真言以外の経文はむやみにお唱えしたりしたくないので、文字としても書きません。

お聞きしたい方は、ポケモンGOでもしながら、足をお運びください。

あ、でも境内にいるポケモンは新明国上教会にお参りに来られた参詣者なので、そっとしておいてやってくださいね。

まぁ、もし、捕まえてしまっても、博士には送らないで、大切に育てて頂きたいと思います。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2016.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。