FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

御加持の御法

最近、笑ったのは、

カイロに書かれている「低温やけど注意」は、なんで関西弁なのですか?

です。

どうもしょうしゅうです。

御加持について

先々月(先月は休み)と今月、教師研修会にて御加持の御法について研修しました。

身体をどの順番で加持していくのか・・・という議題にしたかったと思うのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
敢えて、言わせて頂ければ、御加持は、

「頭から足先まで因縁をゴリゴリ払い落としていく」

というイメージを持つのが先だと感じています。

ある意味、お経文は、御真言で充分。

それと他に、御加持の御法或いは清めの御法に何が必要かと思えば、スピードと勢い。

御真言一つとっても、速度の使い分けが必要です。

などなど・・・・・・・・・・

もちろん御加持専用のお経文を覚えるのは大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というような事を・・・

一日祈祷の直会で頂いた御神酒の勢いを借りつつ、実践を取り入れながらお話しました。

ある意味、私の独壇場(笑

まず、御真言と清めの御法の経文だけでもいいから、「頭から足先まで因縁をゴリゴリ払い落としていく」ようにと、健蔵教師の実験体になりながら、久しぶりに御加持の御法を受けました。

すごく久しぶりで、(めちゃくちゃ)気持ちよかった。

最後に、見本として佐藤先生に御加持をしていただきました。

幼少の時からの思い出とともにある、佐藤先生の御加持の御法。

懐かしさとともに、今、あらためて勉強させて頂くと、新たな発見もありました。

そしてちょっとだけ、自分の御加持の御法がバージョンアップしました。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2016.12.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 御法

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。