FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

七分の勝気の心

本日は神殿当番です。

どうもしょうしゅうでう。

先日のブログで『勝気の心』についてお話しました。

「願文に入れている」と書きましたが、正確には「朝の勤行の願文に入れている」です。

「新明国上教会信徒一同」「奉賛金志納者一同」「頭髪納入者一同」そして「佐藤昭衆有縁無縁一切」の心様に対して願います。

因みに「佐藤昭衆有縁無縁一切」という心様は、ここ1〜2年に取り入れました。

そういえば『心様』という単語について。

自分の中の感覚として、人であれば、その人の中の「神性」というか、人間やその他の生物という生き物の生身の革を一枚剥いだとして、その目に見えない『心』という状態に敬称をつけた、というような感覚です。

また、もともと姿形のない対象物に対しても、使っているかもしれません。

例えば、

「◯◯神社」の心様

とか、

「◯◯家先祖代々」の心様

などといった感じです。

これからまた感じ方は進むかもしれません。

私の中で、現在としてはそのような感覚です。

だから、といっては何ですが。

朝の勤行に出席される方に対してあいさつする時、神仏への礼拝をちょっとだけ拝借しています。私は(笑

要は上体だけであいさつするのではなく、手をついて平身低頭してあいさつ(一礼)するようになりました。

平身低頭する時、手を△にしてしまうと神仏に対する礼拝になってしまうので、親指だけキャンセルしていたりしています。

これは何となくなので、正解かどうかはわかりませんが、なんとなく感覚です。

人に対して好き嫌いはあるかもしれませんが、そこはそれ、その人その人のまっさらな『心様』に対してあいさつしているのだという感じかな・・・。

または、その人その人を守護している守護神の心様に対している、のかもしれません。

でもその根底にあるのは、もっと俗っぽく。

朝、特に早起きの苦手な私が(今も苦手ですが…)初心に感じた、朝の勤行に出席される方々に敬意を表す。

ってのが私らしくていいですね。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2017.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。