FC2ブログ

続きは直で

「続きはwebで」

ってのをよく聞く見る中で

「続きは直で」

ってのはなかなかいいなと、我ながら思いました。

どうもしょうしゅうです。

最近、これは私が厄年周辺だからなのか、小忙しくさせて頂いております。

特に今年、父が体調を崩してから、代打的な気持ちで引き継いでいる会社の年次祭(会社役員従業員関係各社の祈願、社屋浄め、自動車浄め等含む)で多い時は月の半分くらい出張でした。

昨日は今年最後の十五日会でしたが、出席できず、特に十五日会での言念導のお取り次ぎやその後の司会者とのやり取りは、信徒の少ない当教会では、教師としての準備の成果がモノを言うので、とても残念。

まぁちょっと司会者が話しすぎるってのもありますが、「話しすぎる」のにも訳があったと聞いています。続きは直で。

まあ色々言う人もいますが、何度も言うようですが、私としては言念導のお取り次ぎが終わった後に「食事を信徒と共にする」という行為は言念導と同等の価値ある時間だと考えています。

その時にこそ、正に直にいろいろ質問できる時間で、教師として質問に答えられなかったとしても、その後の練磨の糧になるはずなのですが、そう考えない人もおられるようです。

私としては、ちょっと悲しいと思うのですが、そういう人はそういう人で私に対して、何もしていない、何も分かっていないとか言い始める始末。

そのような事を言いながらも、何年も前に私が作った願文を日付や大祭の名称を変えて、今でも使いまわしているのですから、不思議なもので、失礼ながら、可愛いものだなと思います。

願文は聞き取られちゃいけない、なんて事を聞いた事があるけれど、どこかで聞いたような…

あ、それ、五年位前の私の願文じゃん…って、私にとってはとても恥ずかしい瞬間です。

あんな言い回しだったのか////

うわあ、経机に入っている私の過去の願文は処分しよう!

と、瞬間風力で思ったのですが、ほじくり返してよく見たら律儀に日付に付箋をしていたり、読めない漢字にふりがなをふっていたり、可哀想になってきて、結局、経机の奥の方にそっと戻しておきました。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2017.12.16 | | Comments(1) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

2017-12-16 土 13:19:50 | URL | さくら #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる