FC2ブログ

寒さ耐性

寒いのは嫌だけど、冷たさには強い。

寝れば忘れる。

どうもしょうしゅうです。

家を出るまでは、寒い寒いと人一倍言っておりますが、一端家の外に出れば、何故か寒さには強い。

何でかよくわからないのですが、気づけば人より若干薄着でも大丈夫。

そういえば、神殿の扉をちょっとばかし閉めた方が寒さが和らぐ、というわけで最近は朝だけ少し閉めてあります。

何年か前も、少し閉めた方が良いかな的な話が出ましたが、「上に少し羽織れば全開で大丈夫」という事になったと思います。

とはいえ、上を羽織っても、手は寒いので、腕を組んだり、手袋をしたり、皆さん色々工夫をされています。

私としての朝は、御法の事を考えたり、その日の礼拝を振り返ったり、自分が座っている時の姿勢がどのようになっているのか、それらに比べて他の人はどのような心持ちや身体なのか等などを考え、試行錯誤していたら、あ、教主様の入堂時間、という感覚なので、別に全開だろうが、少し閉めてあろうが、何か寒さはあまり関係ないように思い返しています。

ま…

寒いでしょ?って聞かれれば、自分の身体の方に神経というか精神というか、何かが戻ってくるので、そリャ寒いよ。ってなります。

逆に、教主様の入堂と共に閉扉、外では何が起こっているのか分からない、そうこうしている内に勤行が始まる、勤行終了とともに開扉、教師の方々が出てくる、みたいな感じも、神聖さが際立って良いんじゃないか、とか妄想してしまいます。

でも、そうなったとして一番困るのは、朝が弱い私です。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト



2018.01.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる