FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

覚書として

2回連続で「礼拝」関係のはなしだったので。

どうもしょうしゅうです。

礼拝以外で最近、思考実験している御法があります。

訓読経です。

実際は『ゑーろくしいげんどー」から始まる「本経」も含めますが、内容はほぼ同じです。

要はどこにピークにもっていくか、です。

訓読経の場合、私の現段階の思いは「錫杖」の御真言までにピークにもっていき、「役目星様」を突き動かす、です。

これ、以前にも書いたように思います。

でも、どうしても「願文」がピークになりがちです。

私の幼馴染の名言から拝借すれば、各先生の「フリースタイル」がピークになりがちで、そこから更にう上へ上へと上昇していくのではなく、失速してしまっている場合が多いです。

それがいいのかわるいのか、わかりませんが、

『錫杖は、これでもか!これでもか!と振る』

と言われているので、やはり錫杖をピークに持っていくのではないかと、持っていきたいと、思っています。

おそらく、皆さんそういう気持ちでだと思うのですが、実際にでている音が、落ち着いてしまっているように、私には聴こえるのです。

これは何かはわかりませんが、何かしらの時代を反映しているのかもしれないとも、感じてしまいます。

とはいえ、普段の朝の勤行ではいたってフラットにお唱えしています。

これは師匠の唱え方からの影響かもしれませんが、私にとっては理にかなっている唱え方だと自負しています。

要は音程の合わせ方です。

半音同士でぶつかる音でも、音程を探ることによってほどよくブレンドされた音になる。

これは私が学生の時、作曲科の先生が言われた言葉です。

その先生の自作の現代音楽を演奏したので、とても大変でしたが、いい勉強ができました。

さて、経頭の音程を探り、合わせていくためには、普段フラットな状態でお唱えしていた方が、私は合わせやすいのです。

確かに、上に下にと合わせてお唱えできれば、ベストなのですが、どうしても「個」が入ってしまいます。

だから私は、白目向いて、個を消して音を合わせる、くらいの気持ちで合わせています。実は。

因みに、一人の時の訓読経は、人より若干速めが好みで、錫杖も白目むきながら振っている時がなきにしもあらずです。

健蔵くんは、その時の「うおりゃああああ」的に興奮した錫杖の御真言の唱え方が気に入ったらしいのですが、

「あたし…そうそう…そういう唱え方してるわ…」

と、恥ずかしくもありますが、本当はとても嬉しかったりします。

あとで、何故あのような唱え方になったのかも、詳しく説明しようと思います。

〓しょうしゅう〓

スポンサーサイト

2018.04.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | ひとりごと

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

佐藤昭衆

Author:佐藤昭衆
新明国上教会につとめる
佐藤昭衆の個人ブログ

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。